芸予汽船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
芸予観光フェリーから転送)
移動先: 案内検索
芸予汽船株式会社
つばめ.jpg
今治港に停泊する快速船「つばめ」
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
794-0013
愛媛県今治市片原町1丁目100番地3
みなと交流センター3階
設立 1987年
業種 海運業
法人番号 8500001011517
事業内容 定期旅客船の運航
資本金 3,000万円
主要株主 愛媛汽船
今治市
尾道市
上島町
外部リンク http://www.ehimekisen.server-shared.com/
テンプレートを表示

芸予汽船株式会社(げいよきせん)は、愛媛県今治市海運会社今治港と(因島)の土生港を結ぶ旅客船(快速船)を運航している。

概要[編集]

伯方・大島大橋開通前年の1987年に航路を運航してきた愛媛汽船因島汽船、周辺地方自治体が出資して芸予観光フェリー株式会社として設立され、1988年より今治 - 友浦(大島) - 木浦(伯方島) - 岩城 - 佐島 - 弓削 - 生名 - 土生を結ぶフェリー・快速船の運航を開始した。

開業当初は業績が上向き、3年後の1991年には旅客が33万人、車両が8万8,000台とピークに達した[1]。 以後、順調に推移し黒字の経営が続き累積剰余金を積み重ねてきたが、1999年しまなみ海道が全線開通すると利用客が落ち込み、特に車両の利用は1万8,000台とピーク時の2割に激減した[1]。さらに原油高も加わり、2006年5月1日から今治 - 木浦間でのフェリーの運航を廃止。2008年5月末には残る木浦 - 土生間のフェリー航路も廃止した[2]

2009年6月1日芸予汽船株式会社に社名を変更、現在は快速船のみを運航している。2016年8月に本社事務所を今治港のみなと交流センター「はーばりー」内へ移転した。

航路[編集]

6時台から19時台まで快速船8往復を運航する(所要時間70 - 75分)。このほか、岩城 - 佐島 - 弓削の区間便が1便運航される。(土日祝および岩城汽船休航日は運休)
以前はフェリーも運航していたが、燃料費高騰としまなみ海道全線開通の影響を受けて2006年(平成18年)5月1日に今治 - 木浦間を廃止、2008年(平成20年)6月1日に残る木浦 - 土生間も廃止となり、快速船のみの運航となった。

船舶[編集]

芸予汽船、今治-岩城島航路。高速船「つばめ」号。2017年撮影。岩城島港にて

運航中の船舶[編集]

  • 第1ちどり
1999年5月2日就航、三保造船所 (大阪府)建造。
49総トン、登録長21.01m、型幅5.00m、型深さ2.11m、ディーゼル2基、機関出力1,632PS
  • つばめ
2011年就航、ツネイシクラフト&ファシリティーズ建造。上島町保有。
軽合金製単胴快速船、JG(第2種船)、平水区域
50総トン、全長24.50m、登録長23.10m、型幅5.00m、型深さ2.10m、計画満載喫水0.90m
ディーゼル2基、機関出力1,220kW、最大速力28.2ノット(試運転)、航海速力22ノット、乗組員2名、旅客97名
  • 第十一かもめ(予備船)
1992年7月竣工、三保造船所 (大阪府)建造。今治高速船より移籍。
40総トン、全長20.41m、型幅4.65m

過去の船舶[編集]

  • 第2ちどり
1999年就航、三保造船所建造。「つばめ」就航により2011年に引退、軍艦島コンシュルジュに売却され「マーキュリー」となる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 芸予観光フェリー 存続に正念場 - 山陽日日新聞(2008年7月10日)、2014年5月17日閲覧。
  2. ^ 芸予観光フェリー因島-伯方 5月末で廃航 - せとうちタイムズ(2008年5月31日)、2014年5月17日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]