花郎台駅 (韓国鉄道公社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
花郎台駅
駅舎
駅舎
화랑대
ファランデ
Hwarangdae
新孔徳 (2.3km)
(5.4km) 退渓院
所在地 ソウル特別市蘆原区孔陵2洞 38-21
所属事業者 韓国鉄道公社
駅種別 普通駅
駅等級 3級
所属路線 京春線
キロ程 4.4km(城北起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1939年7月20日
廃止年月日 2010年12月21日
花郎台駅
各種表記
ハングル 화랑대역
漢字 花郞臺驛
片仮名
(現地語読み仮名)
ファランデヨク
英語 Hwarangdae Station
テンプレートを表示

花郎台駅(ファランデえき)は、かつて大韓民国ソウル特別市蘆原区にあった韓国鉄道公社(KORAIL)京春線。駅名は近隣にある陸軍士官学校の愛称であるから“花郞臺”(ファランデ、화랑대)取られたもので、開業当時の駅名は泰陵駅(泰陵驛)であった。

駅情報[編集]

島式ホーム1面2線の地上駅。かつては1日7便のムグンファ号が停車していた。しかし、京春線の複線化による経路の変更を受け、当駅を経由しないルートへと変更され廃止された。 2018年に残った駅の施設を利用して鉄道公園が整備される予定で、蒸気機関車が展示される他、譲渡された広島電鉄900形電車が運行される予定となっている[1]

駅周辺[編集]

6号線花郎台駅からはおよそ800m離れている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
京春線
新孔徳駅 - 花郎台駅 - 退渓院駅

脚注[編集]

  1. ^ 日本の広島電鉄 ソウルの鉄道公園に路面電車を無償譲渡 聯合ニュース、2017年9月20日、2018年3月1日閲覧

関連項目[編集]