花堂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花堂駅
駅舎(2013年5月19日)
駅舎(2013年5月19日)
はなんどう
Hanando
ベル前 (0.8km)
(0.9km) 赤十字前
所在地 福井県福井市花堂北1丁目
駅番号 F17
所属事業者 福井鉄道
所属路線 福武線
キロ程 16.9km(越前武生駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1925年(大正14年)7月26日
備考 無人駅
テンプレートを表示

花堂駅(はなんどうえき)は、福井県福井市花堂北1丁目にある福井鉄道福武線である。

歴史[ソースを編集]

改修前の駅舎(2007年10月13日)

JR線にも越前花堂駅が存在するが、花堂を冠する駅としては当駅のほうが早期に設置されている。

駅構造[ソースを編集]

相対式ホーム2面2線を持つ無人駅。かつて貨物扱いがあった頃は2面4線を持つ貨物駅を兼ねる旅客駅で、相対式ホームの裏側と駅北側の踏切路面に側線と専用線が乗入れていた頃の名残が一部に残されている。

この駅から越前武生方が単線となっている。ポイントは福井鉄道の交換駅で見られるトンネル形のスノーシェルターに覆われている。

駅舎はコンクリートブロックを積み上げた小さなもの。窓口は使われていない。

パークアンドライド用の駐車場が設けられている。

利用状況[ソースを編集]

  • 花堂駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
2004年(平成16年) 1,344 4,770 9,289 15,403      
2005年(平成17年)              
2006年(平成18年)              
2007年(平成19年) 1,308 1,920 8,493 11,721      
2008年(平成20年)              
2009年(平成21年)              

駅周辺[ソースを編集]

駅周辺は古くから運送会社と倉庫と繊維関連工場が多い。

南東方約300mにJR西日本越前花堂駅が、北東方約400mに日本貨物鉄道(JR貨物)南福井駅がそれぞれある。駅のすぐ西をフェニックス通り福井県道229号福井鯖江線=旧国道8号)が南北に走り、沿道は商店が立ち並ぶ。

1970年代まで、近隣の倉庫と染料会社と石油タンク等への複数の専用線があった。国鉄武生駅より連絡線を介して福武線に乗入れた貨物列車が複数の専用線へ乗入れていた。福井倉庫へは武生方上りホーム裏手の側線から乗入れる形で専用線が分岐していた。福井倉庫専用線の廃止後の廃線跡は倉庫の福武線向かい側と線路南側の出入柵と駅北東側踏切路面に廃線跡の名残を色濃く残している[1]。 

隣の駅[ソースを編集]

福井鉄道
福武線
急行
通過
普通
ベル前駅 - 花堂駅 - 赤十字前駅

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 2008年7月23日福井新聞

参考文献[ソースを編集]

  • 福井倉庫社史 福井倉庫 1994年
  • 新住居表示詳細図 福井市No3 片山不動産株式会社測量出版部 1968年12月
  • 70.カタヤマの住宅図 福井市版 片山不動産株式会社測量出版部 1969年12月

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

特集記事 福井新聞ONLINE 残そう福武線