臭化マグネシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
臭化マグネシウム
識別情報
CAS登録番号 7789-48-2
特性
化学式 MgBr2
モル質量 184.113 g/mol
外観 潮解性が大きい白色結晶
密度 2 g/cm3(水和物)
3.72 g/cm3(無水和物)
融点

700 ℃

沸点

分解

への溶解度 77%
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭化マグネシウム(しゅうかマグネシウム)は組成式 MgBr2 で表されるマグネシウム臭化物塩である。吸湿性の強い白色固体。

水酸化マグネシウム臭化水素酸中和反応によって生成する。

Mg(OH)2 + 2 HBr → MgBr2 + 2 H2O

水溶液中性で、溶解にともないマグネシウムイオンと臭化物イオンに電離する。

MgBr2 → Mg2+ + 2 Br-

日本では、にがりから抽出した臭化マグネシウムと塩素を反応させることで臭素を生産している。

関連項目[編集]