自由中道同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 リトアニアの政党
自由中道同盟

Liberalų ir centro sąjunga
略称 LiCS
党首 アルトゥーラス・ズオカス (2003-2009)
ギンタウタス・バブラヴィチュス (2009-2011)
アルギス・チャプリカス (2011-2013)
アルトゥーラス・メリャナス (2013-2014)
創立 2003年5月31日 (2003-05-31)
前身政党 リトアニア自由連合 (LLS) 、
リトアニア中道連合 (LCS) 、
現代キリスト教民主連合 (MKDS)
本部所在地 ヴィリニュス
政治的思想 自由主義[1]
政治的立場 中道右派
国際連携 自由主義インターナショナル
欧州連携 欧州自由民主改革党
欧州議会会派 欧州自由民主同盟
(2004年-2009年)
公式カラー 黄、青
公式サイト
www.lics.lt
リトアニアの政治
リトアニアの政党一覧
リトアニアの選挙

自由中道同盟リトアニア語: Liberalų ir centro sąjunga、略称: LiCS)は、リトアニアの政党中道右派政党であり、自由主義インターナショナル欧州自由民主改革党、そして欧州自由民主同盟に参加する。設立は2003年。党首はアルギス・チャプリカス。党のテーマカラーは黄色と青。

歴史[編集]

2003年リトアニア自由連合 (LLS) 、リトアニア中道連合 (LCS) 、現代キリスト教民主連合 (MKDS) が合併し、誕生した。新党を率いたのはアルトゥーラス・ズオカスであった。ただしズオカスは後に離党している。2011年9月22日国民復興党 (TPP) を吸収合併した。

2014年7月12日、政党TAIPと合併し、リトアニア自由連合(リベラル派)となり、TAIP党首のズオカスが新党の党首となった。

選挙の結果[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]