綿貫隆夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

綿貫 隆夫(わたぬき たかお、1938年10月2日 - 2020年12月25日)は、日本の政治家、弁理士。元長野県中野市長。

来歴[編集]

長野県下高井郡中野町(現中野市)生まれ。長野県長野高等学校を経て、信州大学工学部卒業。高校卒業時から家業の醤油醸造業を承継し、学生生活と社長を兼ねた。

1973年弁理士試験合格。科学技術翻訳士資格取得。その後、長野市に綿貫国際特許・商標事務所を開業し、クリエイ知的所有権研究所長も務める。

1996年、中野市長選挙に初当選した。2004年に退任し、2006年からは長野県教育委員長を務めた。

2009年旭日双光章受章。2020年紺綬褒章飾版受章[1]

2020年12月25日、逝去。享年82歳[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。