吉谷仁士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉谷 仁士(よしたに ひとし、1908年 - 1959年)は、日本の政治家。長野県中野市長。

来歴[編集]

長野県下高井郡中野町(現中野市)生まれ。旧制第四高等学校を経て、京都帝国大学経済学部卒業。南満州鉄道に入社し、敗戦により引き揚げる。昭和22年(1947年)に新制の町立中野中学校教諭となった。長野県教員組合書記長、長野県総合開発局、農村研究所専務などを経て、同29年(1954年)中野市長選挙に当選し、初代市長となった。在任中は農業や商工業の振興を図った。

参考文献[編集]

  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。