小田切治世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小田切 治世(おだぎり はるよ、1951年2月15日 - )は、日本の政治家、医師。元長野県中野市長。

来歴[編集]

長野県下高井郡中野町(現中野市)生まれ。生家は医院。新潟大学医学部卒業後、医師開業、医療法人理事長を務めた。平成20年(2008年)中野市長選挙に当選し、1期務めた。

2021年、旭日双光章受章[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』号外第99号、令和3年4月30日

参考文献[編集]

  • 『長野県人物・人材情報リスト』日外アソシエーツ、2019年。