粕汁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
粕汁

粕汁(かすじる)とは、酒粕を加えて煮込んだ日本汁物料理。 起源詳細は不明であるが、兵庫県神戸市など酒粕が流通する酒造地域では一般的な料理である。

意外にも米どころで酒造や酒蔵の多い東北では食べる習慣がない。代わりに自家製のが大量に入っている味噌味噌汁を作る家庭が多く、匂いや風味が粕汁に近い家庭も存在する。

出汁に酒粕を溶かし味噌醤油などで味を整える。具材にはブリなどのあら豚肉にんじん大根ゴボウなどの根菜類、こんにゃく油揚げ椎茸ネギなどがよく使われる。

酒粕には、ビタミン類、炭水化物アミノ酸等が豊富に含まれていて、体を温める効果があるため、冬の行事や炊き出しなどで振舞われることも多い。奈良の古寺では、節分会にあたり関係者に振る舞われる[1][2]

アルコール[編集]

酒粕にはアルコール分が含まれているが、加熱調理によりそのほとんどは蒸発気化する。

脚注[編集]

  1. ^ 『ホテル日航奈良に新メニュー』 2012年7月28日 奈良新聞3面。
  2. ^ 奈良の食文化研究会 『出会い大和の味』 奈良新聞社、2007年7月1日、96頁、ISBN:978-4-88856-065-8。

関連項目[編集]