笹崎たけし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「笹崎僙」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
笹崎 僙
基本情報
本名 笹崎 僙
通称 槍の笹崎
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1915年3月25日
出身地 北海道空知郡歌志内町(現歌志内市
死没日 1996年8月7日
プロボクシング戦績
総試合数 115
勝ち 72
KO勝ち 26
敗け 28
引き分け 11
無効試合 3(無判定)
テンプレートを表示

笹崎 僙(ささざき たけし、1915年3月25日 - 1996年8月7日)は、日本プロボクサー北海道空知郡歌志内町(現歌志内市)出身。

人物[編集]

戦前、戦後にピストン堀口恒男のライバルとして活躍した昭和初期における日本を代表するボクサーの一人。その鋭いストレートから「槍の笹崎」の異名で呼ばれた。戦後の初代日本ライト級チャンピオン。通算戦績115戦72勝(26KO)28敗11分3EX無判定。引き分けを挟まない26連勝の記録を保持。試合数115戦は日本歴代8位。

1941年両国国技館で行われた堀口戦は元同門という因縁や、笹崎の公開挑戦状に対し堀口が応戦し、舌戦を繰り広げたことなどにより大きな話題を呼び、「世紀の一戦」と謳われ日本ボクシング界では伝説の試合として語り草となっている。堀口戦が大きな人気を呼び興行的に大成功したため、通算5度の対戦が行われ、2勝1敗2分と笹崎が勝ち越している。

引退後は、笹崎ボクシングジム初代会長として世界王者ファイティング原田を筆頭にムサシ中野ライオン古山金子繁治、海津文雄、牛若丸原田、斎藤清作(たこ八郎)、サルトビ小山などの王者を輩出し名伯楽として活躍した。

経歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
階級新設
初代日本ライト級王者

1947年8月31日 - 1948年8月8日

次王者
内藤哲夫