笹山忠夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笹山 忠夫(ささやま ただお、1896年3月9日 - 1974年9月26日)は、日本の実業家。アラスカパルプ社長。

経歴[編集]

大分県出身。東京帝国大学卒。卒業後は日本銀行に入り、その後安田銀行を経て、日本興業銀行に勤める。戦後の1946年財閥解体による持株会社整理委員長に就任。1953年戦後初の海外事業会社アラスカパルプを設立した。1956年同社の社長に就任、1968年に会長に就任した。1974年死去。

参考文献[編集]