第22回世界スカウトジャンボリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第22回世界スカウトジャンボリーは2011年7月27日から8月7日に、スウェーデンスコーネ県クリスチャンスタード近郊で実施された、世界最大のボーイスカウトの祭典である。世界の143の国と地域から40,061人のスカウトが集まり、史上最大の世界スカウトジャンボリーとなった。日本における今大会の略称は「22WSJ」である。

大会について[編集]

前述の通り40,061人のスカウト・ガールガイド(ガールスカウト)が世界から集まり、前21大会の約38,000人を上回り、史上最大の世界スカウトジャンボリーとなった。 日本からは約950人(そのうち国際サービスチーム員約60人)が日本派遣団として参加した。

スローガン[編集]

Simply Scouting

会場[編集]

会場となったクリスチャンスタード近郊のリンカビィは隣国デンマークコペンハーゲンから車で2時間ほどであった。各国派遣団はコペンハーゲン空港から陸路で会場に入れた。

サブキャンプの一覧[編集]

3つの参加者用のサブキャンプと1つの成人用サブキャンプが設置された。参加者用サブキャンプはスウェーデン国内の地名を名乗ったタウンに分けられていた。

  • Summer
    • Finnerödja
    • Karlstad
    • Smögen
    • Stockholm
    • Vimmerby
    • Visby
  • Winter
    • Jukkasjärvi
    • Kiruna
    • Mora
    • Polcirkeln
    • Åre
    • Örnsköldsvik
  • Autumn
    • Bohuslän
    • Hunneberg
    • Kivik
    • Klarälven
    • Sarek
    • Svedala
  • Spring
成人(ISTなど)専用のサブキャンプで、参加者(18歳未満)の立ち入りは制限されていた。Springで生活している人用の食堂などが設置された。

各サブキャンプにはモニュメントが設置されていて、夜間にはライトアップされていた。

その他[編集]

  • ISTなど成人参加者にはSafe from Harmと呼ばれる子供の保護に関するプログラムをインターネットで修了することが義務付けられていた。
  • 会場内ではほぼ全域でWi-Fiによるインターネットが無料で利用できた。
  • ジャンボリーショップやキオスク(売店)での支払いはチャージ式のカードかクレジットカードが基本となり現金がそのまま使えるところは少なかった。
  • 次回の第23回世界スカウトジャンボリーの開催国が日本であることから、日本にとっては重要な大会であった。閉会式では23大会のPRが代表スカウトにより行われた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

世界スカウトジャンボリー
第22回 スウェーデン
前回
第21回 イギリス
次回
第23回 日本