竹浪比呂央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹浪 比呂央(たけなみ ひろお、1959年 - )は青森ねぶた祭のねぶたを制作する、ねぶた作家(ねぶた師)である。

人物[編集]

1959年(昭和34年)生まれ。青森県木造町(現つがる市)出身[1]青森県立五所川原高等学校東北薬科大学(現 東北医科薬科大学)卒業[2]。親戚の影響を受け薬剤師となり11年間調剤薬局に勤務[1]1989年(平成元年)に初の大型ねぶたを制作。ねぶた大賞、第30回NHK東北放送文化賞はじめ受賞多数。東京ドームをはじめブダペストロサンゼルスなど国内外でねぶたを制作。竹浪比呂央ねぶた研究所を主宰し、青森ねぶたの制作を行っている[3]

経歴[編集]

  • 1989年(平成元年)に大型ねぶた制作者としてデビューし、以後毎年作品を発表している。
  • 1996年(平成8年)、ハンガリー建国1100年祭出陣ねぶたをブダペストにて制作。
  • 1998年(平成10年)、東京ドームにて行われた、活彩あおもり大祭典に登場するねぶたを制作[4]
  • 2005年(平成17年)、第13回あおぎん賞を受賞。
  • 2007年(平成19年)、アメリカロサンゼルス二世ウィーク出陣ねぶたを制作。
  • 2010年(平成22年)、竹浪比呂央ねぶた研究所を設立。
  • 2012年(平成24年)、第30回NHK東北放送文化賞を受賞。
  • 2015年(平成27年)、椎名林檎長く短い祭/神様、仏様』CDジャケット「大間の天妃神 千里眼と哪吒」使用協力[5]。同年、アメリカロサンゼルス二世ウィーク出陣ねぶたを制作。
  • 2016年(平成28年)、青森県佐井村へ「箭根森八幡」中型ねぶたを制作。
  • 2017年(平成29年)、ホテル雅叙園東京「和のあかり×百段階段」展示オブジェ《相馬太郎良門 妖術を修る》を制作。
  • 2018年(平成30年)、竹組みねぶた《大森彦七と千早姫》を制作、青森市高田地区で運行[6][7][8]
  • 2019年(平成31年)、ねぶたの技法を活用した「灯りの彫刻」を制作、青森市中心商店街にて展示[9]

弟子[編集]

手塚茂樹[編集]

2014年より、マルハニチロ侫武多会の大型ねぶたの制作を開始。

  • 《雷神》(2014年)[10]
  • 《三国志より 張飛 長坂橋に吼える》(2015年)[11]
  • 《海神と山幸彦》(2016年)[12]
  • 《岩見重太郎 狒々退治》(2017年)[13]
  • 《大海原の神 金毘羅大権現》(2018年)[14]
  • 《大森彦七と千早姫》(2019年)[15]

野村昂史[編集]

竹浪比呂央ねぶた研究所研究生である。展示用小型・中型ねぶた等の制作を行っている[16]

津川創[編集]

竹浪比呂央ねぶた研究所研究生である(2014年 - )[17]。小学校5年生の頃(2010年)から竹浪比呂央ねぶた研究所に出入りし、ねぶた制作を行っている[18]。小型ねぶたを数多く制作(2013-2019年)。弘前大学医学部医学科に在学中である[19][20][21]

田中悠志[編集]

2018年、弟子入り。竹浪比呂央ねぶた研究所研究生である(2018年 - )。京都造形芸術大学日本画コース卒(2018年3月)[22]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 取材:福永茉那実. “ねぶたを世界へ発信するねぶた師のスゴい人!” (日本語). 日刊スゴい人!. 2020年11月18日閲覧。
  2. ^ 第二十回 豪快無双のねぶた祭りを訪ねる|歌舞伎美人” (日本語). 歌舞伎美人. 2020年11月18日閲覧。
  3. ^ http://takenami-nebuken.com
  4. ^ http://www.ame.co.jp/img_regional/nebuta/nebutaao.html
  5. ^ 大型CMタイアップ2タイトルの両A面シングル発売決定! ジャケット・アートワーク&ニュービジュアル公開!”. ユニバーサル ミュージック (2015年6月26日). 2015年9月9日閲覧。
  6. ^ 戦前ねぶた 青森・高田地区で23日復活|教育|青森ニュース|Web東奥” (日本語). Web東奥. 2019年3月6日閲覧。
  7. ^ 情緒あふれる竹組みねぶた 青森で運行|観光・イベント|青森ニュース|Web東奥” (日本語). Web東奥. 2019年3月6日閲覧。
  8. ^ 2018年6月 – お知らせ” (日本語). 2019年3月6日閲覧。
  9. ^ お知らせ – 作品のご紹介、展示会やワークショップのご案内。” (日本語). 2019年3月6日閲覧。
  10. ^ マルハニチロ侫武多会 - 青森ねぶた祭”. www.nebuta.or.jp. 2018年9月21日閲覧。
  11. ^ マルハニチロ侫武多会 - 青森ねぶた祭”. www.nebuta.or.jp. 2018年9月21日閲覧。
  12. ^ マルハニチロ侫武多会 - 青森ねぶた祭”. www.nebuta.or.jp. 2018年9月21日閲覧。
  13. ^ マルハニチロ侫武多会 - 青森ねぶた祭”. www.nebuta.or.jp. 2018年9月21日閲覧。
  14. ^ マルハニチロ侫武多会 - 青森ねぶた祭”. www.nebuta.or.jp. 2018年9月21日閲覧。
  15. ^ マルハニチロ侫武多会 - 青森ねぶた祭”. www.nebuta.jp. 2019年9月1日閲覧。
  16. ^ 2018年6月 – お知らせ” (日本語). 2019年3月6日閲覧。
  17. ^ お知らせ – ページ 2 – 作品のご紹介、展示会やワークショップのご案内。” (日本語). 2019年3月6日閲覧。
  18. ^ 津川創 (2013). “ねぶたと自分”. 第35回青森県少年の主張大会報告書「青い雲」: 7. 
  19. ^ お知らせ – ページ 2 – 作品のご紹介、展示会やワークショップのご案内。” (日本語). 2019年3月6日閲覧。
  20. ^ 津川創 HajimeTsugawa(@tsuga_haji)さん | Twitter” (日本語). twitter.com. 2018年9月21日閲覧。
  21. ^ ABOUT” (日本語). 津川創 / Hajime Tsugawa. 2019年9月1日閲覧。
  22. ^ “青森ねぶた制作 長野県出身者が弟子入り|青森ニュース|Web東奥” (日本語). Web東奥. https://www.toonippo.co.jp/articles/-/34877 2018年9月21日閲覧。