立道駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立道駅
駅入口(2007年7月)
駅入口(2007年7月)
たつみち
Tatsumichi
N07 教会前 (1.9km)
(1.7km) 阿波大谷 N05
所在地 徳島県鳴門市大麻町姫田新田8
駅番号 N06
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 鳴門線
キロ程 3.0km(池谷起点)
電報略号 タミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1916年大正5年)7月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム(2007年7月)

立道駅(たつみちえき)は、徳島県鳴門市大麻町姫田新田にある、四国旅客鉄道(JR四国)鳴門線である。駅番号はN06

駅構造[ソースを編集]

ホームは単式1面1線の地上駅無人駅で、国鉄時代には小さなスレート葺きの駅舎があったが、現在はホーム上に開放型の待合室を持つだけである。

便所は待合室に男女共用の汲み取り式がある。

駅周辺[ソースを編集]

接続する他の交通機関[ソースを編集]

バス[ソースを編集]

歴史[ソースを編集]

  • 1916年大正5年)7月1日 - 阿波電気軌道(後の阿波鉄道)古川~撫養間開業にともない立道停留場として設置。駅周辺には「立道」という地名はなく、姫田地区から辰巳方向(南東)に駅ができたので「辰巳地」が転じて「立道」となったという[1]。他に、立道駅より南へ当時では珍しい約1.5km以上に及ぶ直線道があり、「道が立って見える」→「立つ道」が転じて「立道」となったとの説もある。
  • 1933年昭和8年)7月1日 - 阿波鉄道国有化。同時に停車場となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR四国に継承。

隣の駅[ソースを編集]

四国旅客鉄道
鳴門線
教会前駅 (N07) - 立道駅 (N06) - 阿波大谷駅 (N05)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 徳島新聞1995年12月25日付 19面「駅を訪ねて」

関連項目[ソースを編集]