撫養駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
撫養駅
Muya Station-1.jpg
駅入口(2007年7月)
むや
Muya
N10 鳴門 (1.3 km)
(1.5 km) 金比羅前 N08
所在地 徳島県鳴門市撫養町南浜権現4
北緯34度10分23.67秒 東経134度36分3.10秒 / 北緯34.1732417度 東経134.6008611度 / 34.1732417; 134.6008611座標: 北緯34度10分23.67秒 東経134度36分3.10秒 / 北緯34.1732417度 東経134.6008611度 / 34.1732417; 134.6008611
駅番号 N09
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 鳴門線
キロ程 7.2 km(池谷起点)
電報略号 ムヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
492[1]人/日
-2019年-
開業年月日 1916年大正5年)7月1日[2]
備考 無人駅
テンプレートを表示

撫養駅(むやえき)は、徳島県鳴門市撫養町南浜権現にある四国旅客鉄道(JR四国)鳴門線。駅番号はN09

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホーム(2007年7月、鳴門方面)

単式ホーム1面1線を有する地上駅駅舎はプレハブのような簡易なもので、国鉄時代(昭和50年建築)から使用されている。

トイレは2019年に廃止された[7]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
鳴門線
普通(平日池谷行き1本のみ当駅通過)
鳴門駅 (N10) - 撫養駅 (N09) - 金比羅前駅 (N08)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 徳島県 駅乗降客数”. 2021年3月11日閲覧。
  2. ^ a b 「通運」『官報』1916年7月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ a b c d e 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、653頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  4. ^ 「運輸省告示第193号」『官報』1948年7月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ “日本国有鉄道公示第254号”. 官報. (1972年9月30日) 
  6. ^ 「通報 ●羽越本線南鳥海駅ほか17駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報日本国有鉄道総裁室文書課、1972年9月30日、11面。
  7. ^ “無人駅トイレ姿消す JR四国、経費削減で券売機も廃止”. 徳島新聞: p. 27. (2019年6月22日). https://www.topics.or.jp/articles/-/219722 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]