空調服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社空調服
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
174-0041
東京都板橋区舟渡一丁目8番3号
業種 小売業
法人番号 9030001021587
事業内容 空調服、空調ヘルメットの販売
代表者 代表取締役 市ヶ谷 透
資本金 700万円
純利益 3億8319万1000円(2019年12月31日時点)[1]
総資産 15億5459万7000円(2019年12月31日時点)[1]
決算期 12月末日
外部リンク https://www.9229.co.jp/
テンプレートを表示

空調服(くうちょうふく)とは、日本の企業「株式会社空調服」、および、同社が夏場の衣服内気候環境を改善することを目的として開発し発売している「電動ファン内蔵上着」の商品名である。

ここでは主に商品としての空調服について記述する。

概要[編集]

空調服とは、着ることによって「人体が本来備えている生理クーラー」をより積極的に活用できるようにする空調装置であるとされる[2]

屋内の空間すべてを冷やす従来型のエアコンと比べて、単三乾電池で稼動するこの製品を使えば電気代は97%削減となり[3]家電製品と比較した場合格段に少なくて済む。夏場の消費電力の大幅な削減が期待できる、省エネルギーの環境面も配慮した製品である。また、これまで空調設備が使用できないとされてきた特殊な条件下の工場や、屋外といった環境でも、涼しくすごす事ができるようになるのも、大きなメリットであるとうたわれている[3]

ソニーを早期退職した市ヶ谷弘司が1998年東南アジアを旅した事が、空調服の開発を始めるきっかけとなった。「東南アジアの人々がエアコンを使うようになれば、エネルギー危機が起き、環境問題につながってしまう」と考えた市ヶ谷は、6年がかりで空調服を完成させた。はじめは宇宙服脳低体温療法用のブランケットと同じ水冷式だったが、改良を経て空冷式に変更。その後、パワフル・省電力な、静音ファンの試作を重ねて、3年後に販売までこぎつけた[4]

実際に使ってみた体験談によると、その効果を確かに実感する事ができるという。また、汗をすべて気化させてしまえば衣服に汗がついて雑菌が繁殖することも少なくなる為、発汗に伴う体臭が少なくなり、あせもも防げるという[4][5]

最大のデメリットは、そのデザインから「人目が気になる」点である。特にファンの動作中には服が膨らんで太って見えるために、社長の市ヶ谷が「娘が空調服を着てくれない」と述べたこともあった[6]。ほかには、「作業服が会社で決まっているので、空調服が使えない」、「汚れるので毎日洗濯したいが、空調服を複数購入する必要がある」などが挙げられる。

2010年代には大幅に普及し、他の作業服メーカーからも同じ趣旨の製品が発売されたり、購入単価を下げるため大手建設会社が協力企業向けに一括購入を呼び掛ける動きもみられる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社空調服 第16期決算公告
  2. ^ 空調服の原理・効果
  3. ^ a b 熱中症対策、予防特集/SAFETY JAPAN/日経BP社 “着る”ことで涼しく快適に過ごす「空調服」2ページ目
  4. ^ a b ITmediaニュース:真夏に長袖!なのに裸より涼しい「空調服」
  5. ^ 照井 康介『世界が変わる 空調服』クロスメディア・パブリッシング、2019年5月1日、Kindle版 112/237、ISBN 4295403059
  6. ^ Exciteニュース:着るだけで涼しい空調服はいかが?(Internet Archiveより)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]