稲垣正浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲垣 正浩(いながき まさひろ、1938年3月26日 - 2016年2月6日)は、日本のスポーツ史学者[1]

経歴[編集]

大阪府富田林市生まれ[2]愛知県豊橋市で育ち、愛知県立時習館高等学校を卒業しており[2]、愛知県出身と紹介されることもある[1]

東京教育大学体育学部を1960年に卒業して、専攻科に進み、さらに1962年に同大学院教育学研究科へ進学[2][3]1969年[3]博士課程を単位取得退学し[1]、東京教育愛学教務補佐員となった[2]1974年から愛知教育大学助教授、1976年から大阪大学助教授を経て、1978年から奈良教育大学助教授、1984年から同教授となり、1997年まで在職した[1][3]。その後、1997年日本体育大学体育研究所教授、翌1998年に同大学院教授となった[2]

また、スポーツ史学会会長を2回にわたって務め(1996年 - 2000年、2004年 - 2008年)[2][3]神戸市外国語大学客員教授、ISC・21(21世紀スポーツ文化研究所)主幹研究員なども歴任した[4]

おもな業績[編集]

単著[編集]

  • 0(ゼロ)のことをなぜラブと呼ぶの?、大修館書店(先生なぜですか)、1991年
  • スポーツを読む〈1-3〉、三省堂 (三省堂選書)、(1) 1993年、〈2-3〉1994年
  • スポーツの後近代―スポーツ文化はどこへ行くのか、三省堂、1995年
  • スポーツ文化の脱構築、叢文社(スポーツ学選書)、2001年
  • 児童文学のなかにスポーツ文化を読む、叢文社(スポーツ学選書)、2001年
  • 現代思想とスポーツ文化、叢文社(スポーツ学選書)、2002年
  • テニスとドレス、叢文社(スポーツ学選書)、2002年
  • スポーツ文化の現在を探る、叢文社(スポーツ学選書)、2002年
  • 伝記文学のなかにスポーツ文化を読む、叢文社(スポーツ学選書)、2002年
  • 紀行文学のなかにスポーツ文化を読む、叢文社(スポーツ学選書)、2002年
  • 評論文学のなかにスポーツ文化を読む (スポーツ学選書)、叢文社(スポーツ学選書)、2003年
  • 宗教文学のなかにスポーツ文化を読む、叢文社(スポーツ学選書)、2003年
  • “スポーツする身体”を考える、叢文社(スポーツ学選書)、2003年
  • 初耳だらけのオリンピックびっくり観戦講座―知られざる競技の背景とその見どころ 夏編、はまの出版、2004年
  • 身体論―スポーツ学的アプローチ、叢文社(スポーツ学選書)、2004年
  • ウィーンの生涯スポーツ、叢文社(スポーツ学選書)、2005年
  • 伝承文学のなかにスポーツ文化を読む、叢文社(スポーツ学選書)、2005年
  • イギリス文学のなかにスポーツ文化を読む、叢文社(スポーツ学選書)、2006年

共著[編集]

  • 松本芳明福地豊樹との共著)とび箱ってだれが考えたの?、大修館書店(先生なぜですか)、1991年
  • 谷釜了正との共著)スポーツ史講義、大修館書店、1995年
  • 寒川恒夫野々宮徹谷釜了正との共著)図説 スポーツの歴史―「世界スポーツ史」へのアプローチ、大修館書店、1996年
  • 松本芳明との共著)新世紀スポーツ文化論、タイムス(体育学論叢 5)、2002年
  • 藤井英嘉との共著)スポーツ科学からスポーツ学へ、叢文社(スポーツ学選書)、2006年
  • 西谷修今福龍太との共著)近代スポーツのミッションは終わったか―身体・メディア・世界、平凡社、2009年

訳書[編集]

  • (H.グロル 著)体育の方法学、不昧堂出版、1981年
  • (ユリウス ボフス 著)入門 スポーツ史、大修館書店、1988年
  • (ハイナー ギルマイスター 著)テニスの文化史、大修館書店、1993年
  • (カシア ボディ 著: 松浪稔月嶋紘之との共訳)ボクシングの文化史、東洋書林、2011年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 談 no.79 WEB版 特集:〈祝祭〉する身体---陶酔と暴力のはざまで”. 談. 2014年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 略歴”. 稲垣正浩. 2014年11月7日閲覧。
  3. ^ a b c d researchmap 稲垣正浩”. 科学技術振興機構知識基盤情報部. 2014年11月7日閲覧。
  4. ^ 稲垣正浩客員教授講演会”. 神戸市外国語大学 (2012年). 2014年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]