秦城監獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秦城監獄
各種表記
繁体字 秦城監獄
簡体字 秦城监狱
拼音 Qínchéng Jiānyù
日本語漢音読み しんじょう かんごく
英文 Qincheng Prison
テンプレートを表示

秦城監獄(しんじょうかんごく)は、中華人民共和国北京市にある拘禁施設である。

紫禁城(故宮)の北約30km、北京市昌平区興寿鎮秦城村に位置する。1958年ソビエト連邦の援助で建設が始まり、1960年3月に完成した。当初の4棟のみであったが、1967年の6棟が増築された。いずれの獄舎も煉瓦造り3階建てで、屋外運動場として用いられる広い空き地と取調室が付属し、個々に塀で囲まれている。入獄前の官職の階級によって待遇が異なるという特徴があり、たとえば、省部級幹部以上の職にあった囚人の食事は一汁二菜であるのに対し、一般の囚人では一汁一菜である。

中国の拘禁施設はすべて司法部監獄監理局の管轄下にあるが、唯一の例外が公安部所轄の当施設で、正式名称は「公安部看守所」である。[1]

呉法憲徐勤先胡風羅瑞卿陳良宇江青王光美王立軍劉志軍陳希同陳良宇薄熙来薄一波周永康谷景生など、多くの政治家・官僚・文化人が政治犯として収容されてきた。中国滞在中に日本共産党を除名された伊藤律も1960年から帰国前年の1979年まで、この監獄で過ごしている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度14分28.68秒 東経116度23分00.24秒 / 北緯40.2413000度 東経116.3834000度 / 40.2413000; 116.3834000