科学技術データ委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
科学技術データ委員会
Committee on Data for Science and Technology
略称 CODATA
設立年 1966年
種類 国際非政府組織
位置
貢献地域 全世界
公用語 英語フランス語
President Geoffrey Boulton[1]
親組織 国際科学会議 (ICSU)
ウェブサイト CODATA公式サイト
テンプレートを表示

科学技術データ委員会(かがくぎじゅつデータいいんかい、: CODATA; Committee on Data for Science and Technology)は、国際科学会議(ICSU、旧名 国際学術連合)によって1966年に設立された学際的な科学委員会である。CODATAは、科学技術に関するあらゆるデータについて、その質、信頼性、管理、検索性の向上を行っている。正式名称の科学技術データ委員会 (Committee on Data for Science and Technology) よりは、CODATAと呼ばれることの方が多い。

CODATAは2年ごとにCODATA国際会議を開催している[2]

基礎定数タスクグループ[編集]

CODATAは、配下の基礎定数タスクグループが良く知られており、タスクグループとCODATAそのものがよく混同される。基礎定数タスクグループは1969年に設立された。その目的は、国際的な科学・技術のコミュニティに、国際的に認められた基礎物理定数および関連した変換係数の組を定期的に提供することである。

CODATAによる最初の基礎物理定数表は1973年に発表された[3]

CODATA推奨値の変遷
発表年月日 バージョン 出典
1973年版 1973年発表 [3]
1986年版 1987年4月発表 バージョン 1.0 [4]
1998年版 2000年4月発表 バージョン 3.0 [5]
2002年版 2005年1月発表 バージョン 4.0 [6]
2006年版 2008年1月発表 バージョン 5.0 [7]
2010年版 2012年11月発表 バージョン 6.0 [8]
2014年版 2015年6月25日発表 バージョン 7.0 [9]

CODATAの基礎物理定数の推奨値は、アメリカ国立標準技術研究所のページで発表されている[10]

最新版 7.0 は、「2014CODATA」と呼称される[11]。また、これに基づく物理定数は、「2014 CODATA recommended values」と呼称される[12]。日本語では、「2014年CODATA推奨値」と訳される[13]

スケジュール[編集]

当初は12-13年ごとに改訂されていたが、ウェブ時代では、それでは遅すぎるとして、1998年以降は4年ごとに改訂されることになった[14]

2018年秋に開催される第26回国際度量衡総会において採択される予定[15]新しいSIの定義のために、CODATAは2つの発表を行う予定である[16]

1つ目に、新しいSIの定義に用いられるプランク定数 h電気素量 eボルツマン定数 kアボガドロ定数 NA について、最終的な数値の決定を2017年7月1日までに行う。

2つ目に、新しいSIの定義の正式な採択に合わせて、新しい2018年版CODATA推奨値を2018年7月1日(通常の予定より6か月早い)に発表する。不確かさ相関係数に対する重要な(多くは有益な)影響について再検討がCODATAによって報告されるので、これは必要である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ Message from President Geoffrey Boulton”. 2016年1月14日閲覧。
  2. ^ CODATA, The Committee on Data for Science and Technology”. CODATA. 2013年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月14日閲覧。
  3. ^ a b Cohen, E. R.; Taylor, B. N. (1973). “The 1973 least-squares adjustment of the fundamental constants” (PDF). Journal of Physical and Chemical Reference Data 2 (4): 663–734. Bibcode 1973JPCRD...2..663C. doi:10.1063/1.3253130. ISSN 0047-2689. LCCN 72622555. OCLC 1754733. http://www.nist.gov/data/PDFfiles/jpcrd37.pdf. 
  4. ^ Cohen, E. R.; Taylor, B. N. (1987). “The 1986 CODATA recommended values of the fundamental physical constants”. Journal of Research of the National Bureau of Standards 92 (2): 1–13. doi:10.6028/jres.092.010. ISSN 2165-7254. OCLC 909885604. 
  5. ^ Mohr, P. J.; Taylor, B. N. (1999). “CODATA recommended values of the fundamental physical constants: 1998” (PDF). Journal of Physical and Chemical Reference Data 28 (6): 1713–1852. Bibcode 1999JPCRD..28.1713M. doi:10.1063/1.556049. ISSN 0047-2689. LCCN 72622555. OCLC 1754733. http://www.nist.gov/pml/div684/fcdc/upload/rmp1998-2.pdf. 
  6. ^ Mohr, P. J.; Taylor, B. N. (18 March 2005). “CODATA recommended values of the fundamental physical constants: 2002” (PDF). Reviews of Modern Physics 77 (1): 1–107. Bibcode 2005RvMP...77....1M. doi:10.1103/RevModPhys.77.1. ISSN 0034-6861. LCCN 31021290. OCLC 5975699. http://www.nist.gov/pml/div684/fcdc/upload/rmp2002-2.pdf. 
  7. ^ Mohr, P. J.; Taylor, B. N.; Newell, D. B. (29 December 2007). “CODATA recommended values of the fundamental physical constants: 2006” (PDF). Reviews of Modern Physics 80 (2): 633–730. arXiv:0801.0028. Bibcode 2008RvMP...80..633M. doi:10.1103/RevModPhys.80.633. ISSN 0034-6861. LCCN 31021290. OCLC 5975699. http://www.nist.gov/pml/div684/fcdc/upload/rmp2006-2.pdf. 
  8. ^ Mohr, P. J.; Taylor, B. N.; Newell, D. B. (24 March 2012). “CODATA recommended values of the fundamental physical constants: 2010”. Reviews of Modern Physics 84 (4): 1527–1605. arXiv:1203.5425. Bibcode 2012RvMP...84.1527M. doi:10.1103/RevModPhys.84.1527. ISSN 0034-6861. LCCN 31021290. OCLC 5975699. http://physics.nist.gov/cuu/Constants/article2010.html. 
  9. ^ Mohr, Peter J.; Newell, David B.; Taylor, Barry N. (21 July 2015). “CODATA recommended values of the fundamental physical constants: 2014”. Zenodo. arXiv:1507.07956. doi:10.5281/zenodo.22826. 
  10. ^ CODATA (2015年6月24日). “CODATA Recommended Values of the Fundamental Physical Constants: 2014”. NIST. 2016年1月14日閲覧。
  11. ^ “Version history”. アメリカ国立標準技術研究所. http://physics.nist.gov/cuu/Reference/versioncon.shtml 
  12. ^ “Constants bibliography”. アメリカ国立標準技術研究所. http://physics.nist.gov/cuu/Constants/bibliography.html 
  13. ^ 例えば、国際文書第 8 版 (2006) 国際単位系(SI)日本語版 (PDF)”. (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター. p. 38. 2015年6月27日閲覧。に「2002年CODATA推奨値」の訳語が見られる。
  14. ^ CODATA Recommended Values of the Fundamental Physical Constants:2010∗ (PDF)”. in The 2nd paragraph of I. INTRODUCTION, A. Background. アメリカ国立標準技術研究所. p. 2 (2012年3月15日). 2012年3月15日閲覧。 “in the era of the Web, the 12-13 years between ... ... could no longer be tolerated.”
  15. ^ Wood, B. (3–4 November 2014). “Report on the Meeting of the CODATA Task Group on Fundamental Constants (PDF)”. 国際度量衡局. p. 7. 2016年1月14日閲覧。 “[BIPM director Martin] Milton responded to a question about what would happen if ... the CIPM or the CGPM voted not to move forward with the redefinition of the SI. He responded that he felt that by that time the decision to move forward should be seen as a foregone conclusion.”
  16. ^ Mohr, Peter J.; Newell, David B.; Taylor, Barry N. (August 4, 2015). “CODATA recommended values of the fundamental physical constants: 2014 – Summary”. Zenodo. doi:10.5281/zenodo.22827. http://codata.org/blog/2015/08/04/codata-recommended-values-of-the-fundamental-physical-constants-2014/. 

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]