秋月街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道322号標識

秋月街道(あきづきかいどう)は、豊前国小倉藩筑後国久留米藩を結んでいた街道。現在の福岡県朝倉市朝倉街道(現・国道386号)と交わる。この交差点一帯は交通の要所であるため、秋月藩でなく福岡藩が管理していた。

途中の宿場は、徳力呼野採銅所香春猪膝大隈千手秋月野町松崎となる。

現在の国道322号にほぼ一致する。また、長崎街道バイパスでもあった。古くは7世紀大宰府豊後国を結ぶ街道として整備され、その後も筑後と豊後を結ぶ要路として繁栄し、参勤交代にも利用されたほか、豊臣秀吉も通ったことがある。江戸時代初期に秋月藩主黒田長興の意向で八丁峠越えのルートが秋月城下を通らないように変更され(城下の様子が他国者に詳しく知られるのはまずいという理由)、新ルートが不便だったため長崎街道への交通の移転が進んだという。

関連書籍[編集]

  • 秋月街道ネットワークの会・編「秋月街道をゆく」(海鳥社、2001年)

関連項目[編集]