秋尾沙戸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あきお さとこ
秋尾 沙戸子
Mimei Shiina and Satoko Akio.jpg
秋尾沙戸子(右)と椎名未明
生誕 1957年8月 (61歳)
日本の旗 日本 愛知県
出身校 東京女子大学上智大学大学院
職業 ジャーナリスト

秋尾 沙戸子(あきお さとこ、1957年8月10日[1] - )は、日本のジャーナリスト、放送コメンテーター女優(ウズベキスタン)[2]作詞家慶應義塾大学非常勤講師。

愛知県名古屋市出身。東京都立新宿高校を経て、東京女子大学英米文学科卒業[1]上智大学大学院[1]アジア地域研究修士課程修了。

サントリー宣伝部に勤めた後[1]、テレビの報道番組キャスターとしてテレビ朝日CNNデイウォッチ」、NHK総合ナイトジャーナル」、関西テレビ「ワンダラーズ」などに出演した。2001年にはウズベキスタンで製作された映画「オイジョン」に女優として主演、キノショック映画祭審査員賞を受賞した。

民主化移行期の東欧・ソ連、アジア各国で取材活動を行ったほか、フェローとしてジョージタウン大学ワシントンD.C.)で外交研究を行った。2000年、インドネシア大統領メガワティの半生を描いた『運命の長女- スカルノの娘メガワティの半生』[3]で第12回アジア太平洋賞特別賞受賞。2010年、『ワシントンハイツ - GHQが東京に刻んだ戦後』[4]で第58回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

作詞提供[編集]

著書[編集]

映画[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、18頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ 上映会情報日本・ウズベキスタン国交樹立15周年記念  ウズベキスタン映画祭”. archive.momat.go.jp. 2018年6月14日閲覧。
  3. ^ アジア・太平洋賞 - 一般社団法人 アジア調査会” (日本語). www.aarc.or.jp. 2018年10月12日閲覧。
  4. ^ 日本エッセイストクラブ賞” (日本語). essayistclub.jp. 2018年10月12日閲覧。
  5. ^ 東京国立近代美術館フィルムセンター 上映会情報 日本・ウズベキスタン国交樹立15周年記念 ウズベキスタン映画祭

外部リンク[編集]