神田範明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神田 範明(かんだ のりあき、1949年8月 - )は日本の経営学者、商品開発論の研究者。専門は商品企画、市場調査、統計解析、品質管理。

経歴[編集]

東京都生まれ。1974年東京工業大学卒業。1979年同大学院博士課程修了(単位取得退学)。1979年東京外国語大学講師、名古屋商科大学助教授、教授を経て1993年成城大学経済学部経営学科教授(同大学院経済学研究科教授を兼務)。日経品質管理文献賞3回受賞。(社)日本品質管理学会元理事・副会長。

システマティックな手法「商品企画七つ道具」を開発普及させ、多くの企業と産学協同研究を行い、ヒット商品企画の指導に従事している。

著書[編集]

  • 編著『商品企画七つ道具-新商品開発のためのツール集-』(日科技連出版)1995
  • 共著『共創時代の商品企画ガイド』(産能大学出版部)1998
  • 編著『文科系のためのコンピュータ活用入門』(同文舘出版)1998
  • 共著『文科系のためのデータ分析入門』(同文舘出版)1999
  • 単著『商品企画七つ道具実践シリーズ 第1巻「はやわかり編」』(日科技連出版)2000
  • 編著『商品企画七つ道具実践シリーズ 第2巻「よくわかる編」』(日科技連出版)2000
  • 編著『商品企画七つ道具実践シリーズ 第3巻「すぐできる編」』(日科技連出版)2000
  • 編著『顧客価値創造ハンドブック-製造業から農業・サービス業まで 感動を創造するシステム-』(日科技連出版)2004
  • 単著『質経営で生み出せ無限のマーケット-どの産業も顧客価値創造へ-』(品質月間委員会)2004
  • 共著『ものづくり教科書・革新のための7つの手法』(日経ものづくり編,日経BP社)2006

外部リンク[編集]