神崎文枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神崎 文枝(かんざき ふみえ、1966年8月4日 - )は、日本の元女子プロレスラー。身長156cm、体重55kg、血液型AB型。東京都江東区出身。

経歴・戦歴[編集]

1985年
1986年
  • 12月7日、埼玉・寄居町民体育館で行われたチーム対抗公式リーグ戦での試合を最後にレスラーとしては廃業となる。
1987年
  • 1月3日、全日本女子プロレスの恒例行事となっていた新年マラソン大会に出場(順位は参加27人中12位)。これが事実上、最後の仕事となった。また、翌月から約1年間全日本女子プロレスが運営するアスレチック・クラブにてインストラクターとして後進の指導に当たっていた。
  • 堀田祐美子オフィシャルブログ 2013年7月18日付では写真付で神崎本人が登場している。また堀田は神崎について 「今は酒友達であり、大親友。酒の強さには勝てません。同期は最高」 と記載している。また2013年8月6日付の同ブログには神崎の誕生日を祝う模様 (実際の誕生日は8月4日である)が掲載されており、現在でも時々堀田のブログ内に登場する事もある。
  • ブル中野オフィシャルブログ2014年1月19日付の方にも、中野が経営している飲食店に来店した時の様子が写真付で掲載されている。ブログ記事によると神崎とは現役時代によく遊んでいた親友同士であったという。
2014年
  • デビュー時に3ヵ月程極悪同盟のメンバーとして加入していたが、当時ダンプは全盛期で忙しく神崎の存在は全く覚えていなかったとブログ等で語っており、現在でもダンプには大変可愛がられている。ダンプのブログにも写真付きで掲載される事もある。
  • 同期の岡林理恵と中島小百合と共に神崎も加えて「崖っぷちコンビ」と称される事があったが、本人は一緒にされるのをとても嫌っていたという。

得意技[編集]

  • ジャンピング・ヒップアタック