神塚淑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神塚 淑子(かみつか よしこ、昭和28年2月13日 - )は、日本哲学者中国哲学)、道教研究者。学位博士(文学)東京大学・1997年)。名古屋大学名誉教授

東京大学文学部助手、名古屋大学教養部助教授、名古屋大学情報文化学部教授、名古屋大学大学院文学研究科教授などを歴任した。

経歴[編集]

兵庫県姫路の生まれ。兵庫県立姫路西高等学校卒。

昭和四十六年四月東京大学教養学部文科Ⅲ類入学。中国語クラスに属す。同期に岸本(中山)美緒(東洋史学者、元東京大学文学部、お茶の水大学文教育学部教授)、代田智明(東京大学名誉教授)等がいる。

昭和四十八年文学部Ⅰ類中国哲学専修課程に進学、同期に高橋忠彦(東京学芸大学名誉教授)、松村巧(和歌山大学名誉教授)、影山照國(実践女子大学名誉教授)等がいる。

昭和五十年卒業、卒業論文は『隋書・經籍志』を研究する。同年大学院人文科学研究科中国哲学専門課程修士課程に進む。前年福永光司教授が東大に赴任しており、彼の下で道教研究に従事。

昭和五十二年修士修了、修士論文『沈約の研究』。博士課程に進学。

昭和五十四年博士課程を退学、東京大学助手(文学部中国哲学研究室勤務)に就任。

麥谷邦夫京都大学人文科学研究所転任後任として、昭和五十六年名古屋大学教養部講師。

昭和五十八年助教授。平成年大学改組に伴い情報文化学部所属になる。

平成九年「上清派を中心とする六朝道教の研究」により博士(文学)を東京大学で取得[1][2]

平成十一年教授。

名古屋大学の再度の改編により平成十五年文学研究科・文学部(中国哲学研究室)へ配置換え。

平成三十年定年により退職。

この間学内では評議員、副研究科長を勤める。また、学外では日本中国学会副理事長を初め、東方学会理事、日本道教学会理事を務めている。

著書・翻訳[編集]

(単著)

  • 『文選(下)』学習研究社、1985年1月
  • 『六朝道教思想の研究』創文社、1999年2月
  • 『老子ー道への回帰ー』岩波書店、2009年11月
  • 『道教経典の形成と佛教』名古屋大学出版会、2017年10月
  • 『道教思想十講』岩波新書、2020年9月

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 名古屋大学學術リポジトリ(2021年4月5日閲覧)