石坂惟寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石阪惟寛から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 過去の議論
  • 石坂惟寛
  • 石阪惟寛
石坂 惟寛
Ishizaka Ikan.jpg
生誕 1840年3月25日
備前国
死没 (1923-07-29) 1923年7月29日(83歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1872 - 1900
最終階級 陸軍軍医監
テンプレートを表示

石坂 惟寛(いしざか いかん、天保11年2月22日[1][注 1]1840年3月25日) - 大正12年(1923年7月29日[1][注 2])は、日本幕末から明治にかけての医師陸軍軍人(軍医官)。最終階級は陸軍軍医監(少将相当官)。幼名、逸蔵[1]

経歴[編集]

備前国(現岡山県)出身[1]。赤松秀の二男として生れ、岡山藩医・石坂堅壮の養子となる[1]1860年(万延元年)9月適塾に入門し西洋医学を学び、のちに岡山藩侍医となる[1]

1872年(明治5年)1月、陸軍軍医となり二等軍医副に任官[1]1875年(明治8年)11月、広島鎮台病院長に就任[1]1877年(明治10年)2月から10月まで西南戦争に出征[1]。その後、陸軍本病院第1課長、大阪鎮台病院長、東京陸軍病院治療課長、陸軍軍医本部庶務課長、陸軍省医務局第1課長などを歴任し、1887年(明治20年)5月、軍医監に進級[1][2]。同年5月から翌年12月まで陸軍軍医学舎長(後の陸軍軍医学校長)を務めた[1][2]

1888年(明治21年)12月、第1師団軍医部長兼衛生会議議長となり、1894年(明治27年)8月、軍医総監(少将相当官)に進級し第1軍軍医部長に発令され翌月から日清戦争に従軍した[1][2][3]1895年(明治28年)9月、台湾総督府陸軍局軍医部長となり、翌年1月まで務め5月から休職した[1][2][3]1896年(明治29年)12月、第4師団軍医部長として復帰した[1][2][3]

1897年(明治30年)3月、制度改正により軍医監(少将相当官)となった[1]

同年9月、陸軍省医務局長となり、翌年8月に休職した[1][2][3]1900年(明治33年)12月1日、後備役に編入され[4]1905年(明治38年)10月16日に退役した[5]

なお、参考文献には貴族院議員を務めたとの記述があるが、『議会制度百年史 貴族院議員名鑑』などには記載が無く誤りと思われる[注 3]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 手稿『鞍頭日録 - 明治十年西南役』

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本陸軍将官辞典』65頁では2月21日。
  2. ^ 『日本陸軍将官辞典』65頁では7月30日。
  3. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版(17頁)、『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』529頁に記載されているが、その貴族院議員在任期間からすると、同じく軍医総監を務めた石黒忠悳と混同している可能性がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『日本陸海軍総合事典』第2版、17頁。
  2. ^ a b c d e f 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』529頁。
  3. ^ a b c d 『日本陸軍将官辞典』65頁。
  4. ^ 『官報』第5227号、明治33年12月3日。
  5. ^ 『官報』第6916号、明治39年7月19日。
  6. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
  7. ^ 『官報』第3388号「叙任及辞令」1894年10月11日。
  8. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。