矢野憲一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

矢野 憲一(やの けんいち、1938年4月10日 - )は、日本の神職民俗学者研究家。

三重県伊勢市生まれ。國學院大學文学部国史学科卒業。1962年神宮に奉職。神宮禰宜、神宮司庁広報課長、奉賽部長、文化部長、総務部副部長、神宮徴古館農業館館長。2002年退職、NPO法人五十鈴塾塾長。1977年『ぼくは小さなサメ博士』で毎日児童小説賞、79年日本旅行記賞、1980年樋口清之博士記念賞、児童福祉文化賞奨励賞受賞。「サメ博士」のあだ名がある[1]。子は矢野高陽(1972年-)。

著書[編集]

  • 『鮫の世界』新潮社 1976
  • 『ぼくは小さなサメ博士』平沢茂太郎絵 講談社 1978 のち青い鳥文庫
  • 『鮫 ものと人間の文化史』法政大学出版局 1979
  • 『魚の民俗』雄山閣出版 日本の民俗学シリーズ 1981
  • 『魚の文化史』講談社 1983
  • 『枕の文化史』講談社 1985
  • 『鮑 ものと人間の文化史』法政大学出版局 1989
  • 『伊勢神宮 日本人のこころのふるさとを訪ねて』篠原竜写真 講談社カルチャーブックス 1991
  • 『伊勢神宮の衣食住』東京書籍 東書選書 1992 のち角川文庫
  • 『サメはほんとうにこわいのか』平沢茂太郎絵 講談社青い鳥文庫 1992
  • 『徳利びっくり読本』力也 1995
  • 『枕 ものと人間の文化史』法政大学出版局 1996
  • 『杖 ものと人間の文化史』法政大学出版局 1998
  • 『大小暦を読み解く 江戸の機知とユーモア』大修館書店 あじあブックス 2000
  • 『亀 ものと人間の文化史』法政大学出版局 2005
  • 『伊勢神宮 知られざる杜のうち』角川選書 2006

共著[編集]

  • 『聖地への旅-伊勢神宮』土田ヒロミ共著 佼成出版社 フォト・マンダラ 1988
  • 『お伊勢まいり』宮本常一山田孝雄共著 新潮社とんぼの本 1993
  • 『聖域伊勢神宮』西川孟,田中清司撮影 内藤昌共著 ぎょうせい 1994
  • 『伊勢の神宮 神の住む杜 心のふるさと12か月』中野晴生撮影・作品解説 総合解説 同朋舎メディアプラン 国宝倶楽部コレクション 2006
  • 『楠 ものと人間の文化史』矢野高陽共著 法政大学出版局 2010
  • 『伊勢神宮めぐり歩き 一二五社をたずねる悠久の旅』中野晴生写真 ポプラ社 2012
  • 『三重県謎解き散歩』五十鈴塾共編 新人物文庫 2012

論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『現代日本人名録』