真咲南朋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まさき なお
真咲 南朋
プロフィール
別名 安藤 なつ妃
楓 モモ
生年月日 1985年7月24日
現年齢 32歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 161 cm / kg
スリーサイズ 85 - 62 - 90 cm
ブラのサイズ C
靴のサイズ 24.0 cm
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演 2006年 - 2008年[1]
2008年 - 2012年[2]
備考 2008年からAV監督として活動。
AV女優テンプレート | カテゴリ

真咲 南朋(まさき なお、1985年7月24日 - )は、日本AV監督。元AV女優

来歴[編集]

  • 2006年安藤なつ妃としてAVデビュー。
  • 2008年2月1日、自身のブログにて、2月いっぱいをもって引退することを発表。
  • 2008年2月28日、親友である七瀬かすみ(現・神崎レオナ)とのレズ作品(クリスタル映像)の撮影を最後に引退[3]
  • しかし、その後、すぐに真咲南朋改名し、AV女優兼AV監督として活動。
  • その後、AV女優を引退し、女流AV監督として活躍。
  • 2016年AV OPEN 2016 に、監督作品『ビビアンズのマジカルガチレズナンパ全国ツアー2016!! リアルレズカップル月島ななこ椎名そらが挑む日本5大都市4泊5日 素人ノンケ女子とセックスしまくり灼熱のレズ・ロード!!』(ビビアン)[4]がドラマ・ドキュメンタリー部門にエントリー、同じく監督作品『ビキニによく合うカワイイちっぱいとローライズからはみ出るプルリンお尻メイドビキニ 向井藍』(ROOKIE)[5]が乙女部門にエントリー。

人物[編集]

  • 神奈川県出身。
  • AV女優時代の以前の芸名は「安藤なつ妃」。他に「楓モモ」としても活動していた。
  • AV女優時代はロリ系でデビューし、2009年頃から若妻、熟女系にシフトしていた。単体作は少ない。フェチ物にも出演。
  • 元々、ハメ撮りが好きでAV監督志望だった。自画撮りオナニー映像を売り込もうと、AV制作会社の求人に応募したが、面接で「その前に君は女優になりなさい」と言われ、AV女優になった[6]
  • 二村ヒトシを師匠としている[6]
  • 監督作品は、レズものと痴女ものが多く[7]、M男を責めるシリーズものも監督している[6]
  • ビデオ店に「真咲南朋コーナー」がある[7]
  • 代表作は、『ディープレズビアン』シリーズ(クリスタル映像)、『M男監禁パニックルーム』シリーズ(MARRION[6]、『オスガズム』シリーズ(MotheRs)、『レズ・オーガズム』シリーズ(h.m.p)、『ド変態ツアー』シリーズ(h.m.p[8]

出演作品[編集]

アダルトビデオ[編集]

安藤なつ妃 名義[編集]

真咲南朋 名義[編集]

楓モモ 名義[編集]

  • あこがれのスッチー、楓はいつも汁ダクにオマ○コ濡らしているド淫乱痴女だった。 (2008年12月7日、桃太郎映像出版)

監督作品[編集]

アダルトビデオ[編集]

真咲南朋

出演番組[編集]

テレビ

脚注[編集]

  1. ^ 「安藤なつ妃」としての出演期間
  2. ^ 「真咲南朋」としての出演期間
  3. ^ 引退作は『キュートななつ妃先生は、ノーパンパンストのエロ女教師』(AVS)
  4. ^ AV OPEN 2016
  5. ^ AV OPEN 2016
  6. ^ a b c d 天才鬼才インタビュー カントクたちがAVを撮る理由 第25回 真咲南朋(前編)
  7. ^ a b ダラケ! ~お金を払ってでも見たいクイズ~(BSスカパー!)
  8. ^ 天才鬼才インタビュー カントクたちがAVを撮る理由 第26回 真咲南朋(後編)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]