畠山政尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
畠山政尚
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文3年(1534年[1]
死没 天正16年7月15日1588年9月5日[1]
改名 政義→政尚[2]
戒名 一風雲松融岩院[2]
官位 播磨守[2]
氏族 畠山氏(尾州家)
父母 畠山政国
兄弟 高政政尚秋高
貞政
テンプレートを表示

畠山 政尚(はたけやま まさひさ/まさなお)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名紀伊国守護(名目上の国主)。

生涯[編集]

天文3年(1534年)、畠山氏(尾州家)畠山政国の次男として誕生[1]

弟・秋高と共に、兄で河内国守護・高政を補佐して紀伊国内の畠山領(分郡守護)を支配する。

兄が遊佐信教によって守護の座を追われると、これをに迎えて反撃を試みるが敗れ、紀伊に退く[要出典]石山合戦終結後、本願寺の支援を失った雑賀衆らによって名目上の紀伊国主に担ぎ出されるが[要出典]天正13年(1585年)に羽柴秀吉紀州征伐に乗り出すと、これに屈服した。

天正16年(1588年)7月15日、死去した[1]

子孫[編集]

子の貞政は、畠山秋高の養子として畠山家を継いだ[2][注釈 1]。貞政の子の政信は江戸時代に入り、3百石の旗本となった[2]。その子の基玄江戸幕府5代将軍徳川綱吉側用人になり、加増を重ね、5千石を領した[2]。基玄が高家旗本となって以降、子孫は高家として続いた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「両畠山系図」では、秋高でなく高政の養子になったとされる[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 塙保己一 編「両畠山系図」 『続群書類従 巻115-116』https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2553646/24 
  2. ^ a b c d e f 寛政重修諸家譜』巻第九十八(『寛政重脩諸家譜 第1輯』國民圖書、1922年、561–562頁)。

関連項目[編集]

先代
畠山秋高
河内畠山氏 (尾州家)
畠山政尚
次代
畠山貞政(高家)