田原 (詩人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田原
プロフィール
出生: 1965年11月10日
出身地: 中華人民共和国の旗 中国河南省[1][2]
職業: 詩人、翻訳家
各種表記
繁体字 田原
簡体字 田原
拼音 Tián Yuán
和名表記: でんげん
発音転記: ティエンユアン、ティアンユアン
テンプレートを表示

田原(でん げん、ティエン・ユアン、ティアン・ユアン[3]1965年11月10日 - )は、中国詩人翻訳家[4]谷川俊太郎の研究家としても知られ、谷川俊太郎の詩作品を中国語に翻訳して出版している。母語である中国語での詩作のほかに、日本語での詩作も行っており、日本語による第2詩集『石の記憶』は、第60回H氏賞を受賞した。

2013年4月より、東北大学から城西国際大学に転勤、客員教授として教鞭をとっている[2]。  

略歴[編集]

1965年河南省の農村で生まれた[5]。詩作は高校生のときからはじめ、大学在学中に最初の詩集を刊行した[5]

河南大学卒業後、1991年5月に公費留学生として来日、天理大学国際文化学部日本学科で学ぶ。1997年3月卒業。そこで谷川俊太郎の作品に触れて感銘を受け、谷川作品を中国語に翻訳した『谷川俊太郎詩選』を刊行して、中国に紹介した[5]大阪外国語大学[6]立命館大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程修了。『谷川俊太郎論』で文学博士号取得。他に田村隆一辻井喬北園克衛白石かずこ高橋睦郎などの作品を中国語に翻訳している。

2001年に第1回ボヤン賞(後の留学生文学賞)を受賞。2004年に、日本語による第1詩集『そうして岸が誕生した』(思潮社)を刊行。2009年には、四川大地震の悲しみなどを綴った第2詩集『石の記憶』(思潮社)を刊行、同作で第60回H氏賞を受賞した。

2005年春、翻訳した『谷川俊太郎詩選』(河北教育出版社)が北京・第二回「21世紀鼎鈞文学賞」を受賞。 2011年秋、翻訳した数冊の中国語詩集により、北京大学が主催する第三回「中坤詩歌賞」を受賞。 [2]

作品[編集]

中国語詩集[編集]

  • 『梦蛇』(東方出版社、2015年11月)
  • 『樓梯 田原 STAIRWAY TIANYUAN』(中英対訳、英訳:Denis Mair、William.l.Elliott、Kazuo kawamura 、香港中文大学出版社2011年10月)
  • 『田原詩選』(人民文学出版社、2007年)

日本語詩集[編集]

  • 『夢の蛇』(思潮社、2015年)
  • 『田原詩集 現代詩文庫』(思潮社、2014年)
  • 『石の記憶』(思潮社、2009年)
  • 『そうして岸が誕生した』(思潮社、2004年)

韓国語詩集[編集]

  • 『돌의 기억(石の記憶)』(韓成禮:訳、子音と母音出版社、2011年9月)

編著[編集]

  • 『谷川俊太郎論』(岩波書店、2010年12月21日)
  • 『私の胸は小さすぎる――谷川俊太郎』(角川学芸出版、2010年9月)
  • 『続中国新世代詩人アンソロジー』(田原:選、竹内新:訳)(詩学社、2006年)
  • 『谷川俊太郎詩選集』1〜3巻(集英社、2005年)
  • 『中国新世代詩人アンソロジー』(田原:選、竹内新:訳)(詩学社、2004年)

翻訳[編集]

  • 『谷川俊太郎詩選』(谷川俊太郎 著)(台灣 合作社出版、2015年12月11日)
  • 『二十億光年的孤獨』(谷川俊太郎 著)(台灣 合作社出版、2015年12月9日)
  • 『小鳥在天空消失的日子』(谷川俊太郎 著)(上海浦睿文化伝播公司+湖南文芸出版社、2013年9月)
  • 『天空ーー谷川俊太郎詩選』(北京大学出版社、2012年3月)
  • 『春的臨終――谷川俊太郎詩選』「中日対訳」(香港OXFORD出版社、2010年7月)
  • 『定義』(谷川俊太郎:著、田原:訳)(新加坡作家協会、2006年)
  • 『異邦人――辻井喬詩歌選』(人民文学出版社、2005年)
  • 『谷川俊太郎詩選』(河北教育出版社、2004年)
  • 『谷川俊太郎詩選』(作家出版社、2002年)

メディア報道[編集]

  • おはよう宮城「日常から詩を生み出す」(NHK仙台放送、2010 年5月10日)
  • テレビで中国語「中国見聞録・詩人田原」(NHK教育、2010年5月11日)
  • Nスタみやぎ「H氏賞・受賞者・田原さん」(TBC 東北放送、2010年6月8日)
  • NTDTV「訪談・中国詩人田原」(アメリカ NTDTV、2010年6月26日)

脚注[編集]

  1. ^ H氏賞に中国出身・田原さん 現代詩人賞は高橋睦郎さん(2010年5月13日閲覧)[リンク切れ]
  2. ^ a b c H氏賞に中国籍の田原さん 四川大地震の悲しみ歌う(2010年5月13日閲覧)[リンク切れ]
  3. ^ 思潮社、第60回H氏賞
  4. ^ 谷川俊太郎 著、田原 編集『谷川俊太郎詩選集 1』集英社〈集英社文庫〉、2005年、ISBN 978-4-08-747831-0、奥付編著者略歴より
  5. ^ a b c 読売新聞』 2010年5月13日付朝刊、14版、2面
  6. ^ 詩人・田原さん 下

関連項目[編集]