田中豊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 豊一(たなか とよいち、1946年1月4日 - 2000年5月20日)は、日本の物理学者マサチューセッツ工科大学物理学科教授を務めた。ゲル研究の第一人者として世界的に知られた。

人物・生涯[編集]

1946年1月4日新潟県長岡市埼玉大学名誉教授田中豊助の長男として生まれた。東京都立日比谷高等学校を経て東京大学理学部物理学科に進み、和田昭允教授の下で研究を行なう。

1973年、『ポリペプチドのヘリックスコイル転移に関する研究』で理学博士の学位を取得。大学院博士課程修了後、マサチューセッツ工科大学研究員となり、ゲルからの光散乱の自己相関関数などの研究を行なっている。

1975年助教授1979年準教授1982年教授に就任した。ゲルの相転移の証明、体積相転移の研究などの業績を挙げて世界的に知られた。また、様々なモノマーから成るヘテロポリマーゲルが多様な相を示す事を発見し、機能を持つスマートゲルの研究などにも取り組んだ。

2000年、家族らとのテニス中に心筋梗塞で倒れ、急逝。

主な受賞歴[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]