田中藤作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 藤作(たなか とうさく、1898年明治31年)2月20日[1][2] - 1979年昭和54年)11月21日[3])は、大正末から昭和期の弁護士政治家衆議院議員

経歴[編集]

大阪府[3]河内郡[4]で、田中秀吉の長男として生まれる[2][5]。1921年(大正10年)関西大学専門部法律科を卒業した[2][3][4][5]

1922年(大正11年)弁護士を開業[2][5]。1931年(昭和6年)大阪府会議員に選出され[2][5]3期在任し[4]、同副議長も務めた[2][3][4][5]。1937年(昭和12年)大阪市会議員に当選[2][3][4][5]。その他、南方経済協会理事長、高津町会連合会長、高津警防団長、三和信用組合理事長なども務めた[3][4]

1942年(昭和17年)4月の第21回衆議院議員総選挙で大阪府第2区から翼賛政治体制協議会の推薦を受け出馬して当選[2][5][6]大政翼賛会大阪府支部参与、翼賛政治会政調幹事、司法委員、商工兼務委員などを務めた[2][3][4]。戦後、無所属倶楽部に所属し[3]、衆議院議員に1期在任[3][4]。その後、公職追放となった[7]

国政選挙歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第八十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1942年、4頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『大衆人事録 第14版 近畿・中国・四国・九州篇』大阪138頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』360頁。
  4. ^ a b c d e f g h 『翼賛議員銘鑑』228頁。
  5. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第14版 下』タ44頁。
  6. ^ a b 『衆議院議員総選挙一覧 第21回』351頁。
  7. ^ 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、一般該当者名簿654頁。公職追放の該当事項は「推薦議員」。
  8. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』254頁。
  9. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』255頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第21回』衆議院事務局、1943年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 近畿・中国・四国・九州篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。