田中英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 英(たなか えい、1888年明治21年)10月10日 - 没年不詳)は、日本内務官僚

経歴[編集]

神奈川県中郡金田村(現在の平塚市)出身[1]1913年大正2年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[1]長野県下水内郡長、同更級郡長、長野県理事官茨城県理事官、茨城県書記官、同視学官山口県書記官・学務部長、京都府書記官・学務部長を経て、1930年(昭和5年)に福井県書記官・内務部長に就任した[1][2]

1931年(昭和6年)に退官した後は、1934年(昭和9年)に京都市理事・教育部長になったほか、1936年(昭和11年)から1940年(昭和15年)まで尼崎市助役を務めた[1][2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十三年版』日本官界情報社、1937年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。