田中純 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 純
たなか じゅん
生年月日 (1946-08-28) 1946年8月28日(72歳)
出身校 京都大学教育学部
前職 大蔵省職員、貿易会社役員
所属政党 無所属

Flag of Yukuhashi Fukuoka.JPG 第6代 行橋市長
当選回数 2回
在任期間 2014年3月18日 - 現職

選挙区 行橋市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2011年4月30日 - 2014年2月23日
テンプレートを表示

田中 純(たなか じゅん、1946年昭和21年)8月28日 - )は、日本の政治家、元大蔵官僚行橋市長(2期)、元福岡県議会議員(1期)。

略歴[編集]

京都大学教育学部卒業。1971年(昭和46年)、大蔵省入省[1]関東財務局上席調査官、外務省在ブラジル日本大使館一等書記官等を歴任[2]1988年(昭和63年)、初めて行橋市長選挙に立候補し落選。以後同市長選挙に2010年(平成22年)まで7回連続で挑むもいずれも落選した[3]

2011年(平成23年)、福岡県議会議員選挙に無所属で立候補し現職を破って初当選[4]

2014年(平成26年)3月2日に投開票が行われた行橋市長選挙に県議を辞職して立候補(自民民主推薦)、元県議、前市長の推す元市議会議長を破り、8度目の挑戦にして初めての当選を果たした。選挙戦では「行橋の再生」を訴え、企業誘致や商店街の活性化による人口増、学力向上のための少人数学級の推進「海の駅」新設を公約に掲げた[2]2018年(平成26年)2月25日に投開票の市長選挙で再選。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
八並康一
Flag of Yukuhashi Fukuoka.JPG 行橋市長
第6代:2014年 -
次代:
(現職)