田中章仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 章仁
基本情報
本名 田中 章仁
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-03-09) 1983年3月9日(35歳)
出身地 福岡県夜須町
所属 FEG
SRC育成選手/SRC本部道場
ドン・キホーテ
身長 185cm[1]
体重 98kg
階級 ライトヘビー級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

田中 章仁(たなか あきひと、1983年3月9日 - )は、日本男性レスリング選手、総合格闘家福岡県夜須町(現・筑前町)出身。かつてはドン・キホーテ所属、2017年現在は福岡県立三井高等学校教員[2]

来歴[編集]

福岡県立三井高校でレスリングを始め、全国優勝を果たした。専修大学に進学。

2001年12月、専大1年で天皇杯全日本レスリング選手権大会・フリースタイル130kg級(最重量級)に出場し、初出場にして初優勝を果たした[3]

2002年12月、天皇杯全日本レスリング選手権大会・フリースタイル120kg級(最重量級の区分が変更された)に出場。決勝で諏訪間幸平(現在のプロレスラー諏訪魔)に勝利し、2連覇を達成[4]。翌2003年も決勝で諏訪間に勝利し、3連覇を達成した[5]

2004年2月にブルガリアで行なわれたフリーオリンピック第2次予選第2ステージ・120kg級に出場。アテネオリンピック出場資格獲得となる4位以内のかかった3回戦で敗れ、オリンピック出場を逃した[6][7]。しかし、同年は全日本学生選手権グレコ96kg級・フリー120kg級(9月)[8]、全日本大学選手権120kg級(11月)[9]、全日本大学グレコローマン選手権96kg級(12月)[10] でそれぞれ優勝を果たし「学生4冠」を達成した[11]

2004年12月、天皇杯全日本レスリング選手権大会で4連覇を達成[12]。12月28日、記者会見を開き大学卒業後の2005年4月にK-1を主催するFEGへ入社し、2008年の北京オリンピックを目指してトレーニングすることが発表された[13]

2007年1月、天皇杯全日本レスリング選手権大会・フリースタイル120kg級に出場し、6連覇を達成した[14][15]

2007年12月、天皇杯全日本レスリング選手権大会・フリースタイル120kg級に出場し、7連覇を達成した[16]

2008年12月31日のDynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜ボブ・サップと対戦した「キン肉万太郎」のプロフィールとして発表された「バックボーンがレスリング」「全日本レスリング選手権7連覇」「大学時代に学生4冠王」と経歴が一致していた[17]

2010年4月、FEGを退社[18]

2010年6月12日、SRC第2回トライアウト「SRCプロ育成/アマチュア奨励選手選考会」を受け、合格を果たしSRC育成選手となった[19]

2010年7月にオープンしたSRC本部道場ではレスリングコーチを務めながら、トレーニングを行なっている[20]

2011年2月6日、プロデビュー戦となったパンクラスで福田雄平と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[21]

2017年現在は、母校の福岡県立三井高等学校教員

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
4 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 0 0 2 0 0 0
2 2 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 安西信昌 1R 4:12 TKO(パウンド) PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年8月7日
増田裕介 5分2R終了 判定2-1 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年4月3日
福田雄平 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年2月6日
× ボブ・サップ 1R 5:22 TKO(スタンドパンチ連打) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日

獲得タイトル[編集]

  • 2001年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会 フリースタイル130kg級 優勝[3]
  • 2002年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会 フリースタイル120kg級 優勝[4]
  • 2003年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会 フリースタイル120kg級 優勝[5]
  • 2004年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会 フリースタイル120kg級 優勝[12]
  • 2005年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会 フリースタイル120kg級 優勝[22]
  • 2006年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会 フリースタイル120kg級 優勝[14]
  • 2007年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会 フリースタイル120kg級 優勝[16]

脚注[編集]

  1. ^ Pancrase profile
  2. ^ 「レスリング福岡県選手団」 福岡県レスリング協会
  3. ^ a b 2001年天皇杯全日本選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  4. ^ a b 2002年天皇杯全日本選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  5. ^ a b 2003年天皇杯全日本選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  6. ^ フリー五輪第2次予選第2ステージ 成績 日本レスリング協会公式サイト
  7. ^ 【特集】K-1所属で北京五輪を目指す学生四冠王者・田中章仁(専大) 日本レスリング協会公式サイト
  8. ^ 全日本学生選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  9. ^ 全日本大学選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  10. ^ 全日本大学グレコ選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  11. ^ 田中章仁(専大)が優勝、史上5人目の学生4冠王へ…全日本大学グレコ選手権 日本レスリング協会公式サイト
  12. ^ a b 2004年天皇杯全日本選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  13. ^ スポーツエリートが格闘技にやってきた! レスリング7冠・田中がK-1入り「総合もやる」 スポーツナビ 2004年12月28日
  14. ^ a b 2006年度天皇杯全日本選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  15. ^ FEGの田中章仁が6連覇!! さあ、次はKIDと宮田だ K-1公式サイト 2007年1月26日
  16. ^ a b 2007年度天皇杯全日本選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト
  17. ^ 【Dynamite!!】12・31サップと戦うキン肉万太郎「ヘビー級の逸材です」(谷川代表) 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年12月22日
  18. ^ キン肉万太郎?田中章仁がプロ育成で合格 スポニチ Sponichi Annex ニュース 2010年6月13日
  19. ^ 【SRC戦極】第2回トライアウト開催、プロ育成&アマ奨励選手が決定 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年6月12日
  20. ^ 【2・6パンクラス】SRC育成選手の田中章仁がプロデビュー!! SRC公式サイト 2011年1月13日
  21. ^ 【パンクラス】桜庭和志の愛弟子・佐藤豪則が一本勝ちでベルト獲得!近藤有己は敗れる 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年2月6日
  22. ^ 2005年天皇杯全日本選手権 成績 日本レスリング協会公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]