田中秀逸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 秀逸(たなか しゅういつ、1963年 - )は日本の生物学者埼玉大学大学院理工学研究科生命科学部門生体制御学領域教授。

専門は遺伝情報学、生体情報制御学。モデル生物であるアカパンカビを主な実験材料として、DNA損傷応答、DNA修復と細胞死の分子生物学的研究を行っている。

略歴[編集]

論文[編集]

  • 「糸状菌における組換えに関する研究」,田中秀逸・井上弘一・畠山晋,埼玉大学地域オープンイノベーションセンター紀要 2, 21-22, 2010
  • 「タンパク質の高分子育種を基盤技術とする先端バイオ産業の創出 -アカパンカビにおける抗体タンパク質の大量産生に向けての研究」,井上弘一・田中秀逸・畠山晋,埼玉大学地域オープンイノベーションセンター紀要 (2), 18-20, 2009
  • "Different roles of two CHK2 homologues of Neurospora crassa" , 井上弘一・田中秀逸,GENES & GENETIC SYSTEMS 83(6), 480, 2008
  • 「糸状菌における組換えに関する研究」,田中秀逸・井上弘一・畠山晋, 埼玉大学地域オープンイノベーションセンター紀要 1, 28-29, 2008
  • 「高速分子進化による高機能バイオ分子の創出 -相同組換え機能を使っての遺伝子ターゲッティング法」,井上弘一・田中秀逸・畠山晋,埼玉大学地域共同研究センター紀要 (8), 24-26, 2007
  • "Selective inflammatory stimulations enhance release of microdial response factor (MRF)-1 from cultured microglia" , Glia,40/,360-371, 2002
  • "Activation of protein kinase C delays apoptosis of nerve growth factor-deprived rat sympathetic neurons through a Ca2+-infux dependent mechanism" , Neurosci.Lett.,313/,9-12, 2001
  • "Microglial response factor (MRF)-1 : Constitutive expression in ramified microglia and unregulation upon neuronal death induced by ischemia or glutamate exposure" , Zoological Sci.,17/,571-578, 2000
  • "Upregulation of a new microglial gene , mrf-1 , in response to programmed neuronal cell death and degeneration" , J.Neurosci.,18/,6358-6369, 1998
  • "Veratridine delays apoptotic neuronal death induced by NGF deprivation through a Na+ dependent mechanism in cultured rat sympathetic neurons" , Int.J.Dev.Neurosci.,15/,15-27, 1996
  • "Up-reguration of L-type Ca2+ channnel associeted with the development of elevated-K+ mediated survival of superior cervical ganglion cells in vitro" , Dev.Biol.,168/,166-178, 1995
  • 「PC12細胞内へのGTPアナログの導入は神経成長因子による突起形成を促進する」,佐賀医科大学一般教育紀要 10, 49-63, 1991
  • 「神経栄養因子除去による神経細胞死」,小池達郎・田中秀逸,代謝 28(11), p941-948, 1991

外部リンク[編集]