田中倫郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 倫郎(たなか みちお、1930年10月27日 - 2021年6月18日[1])は、フランス文学者、跡見学園女子大学名誉教授。

人物・来歴[編集]

広島県生まれ。東京大学文学部卒。一貫してマルグリット・デュラスの作品を翻訳した。跡見学園女子大学教授を勤め、2001年定年退職。

翻訳[編集]

  • マルグリット・デュラ『夏の夜の十時半』河出書房新社 1961 のち文庫
  • マルグリット・デュラ『雨のしのび逢い』河出書房新社 1961
  • ジョルジュ・サンド『愛の妖精』世界青春文学名作選 学習研究社 1962
  • マルグリット・デュラス『ヴィオルヌの犯罪』河出書房新社 1969 のち文庫
  • マルグリット・デュラス『タルキニアの小馬』現代出版社 1969 のち集英社文庫
  • マルグリット・デュラス『モデラート・カンタービレ』河出書房新社 1970 のち文庫
  • マルグリット・デュラス『破壊しに、と彼女は言う』河出書房新社 1970 のち文庫
  • アンリ・トマ『ロンドンの夜・聖遺骨』若林真共訳 白水社 1971
  • マルグリット・デュラス『ユダヤ人の家』河出書房新社 1971 のち文庫
  • ジャン=ミシェル・ガルデール『ルイーズの肉体』白水社 1972
  • マルグリット・デュラス『愛』河出書房新社 1973 のち文庫
  • マルグリット・デュラス『太平洋の防波堤』河出書房新社 1973 のち集英社文庫、河出文庫
  • マルグリット・デュラス、グザビエル・ゴーチェ『語る女たち』河出書房新社 1975
  • マドレーヌ・シャプサル『物語なき夏』白水社 1975
  • マルグリット・デュラス『インディア・ソング、女の館』白水社 1976 のち河出文庫
  • マルグリット・デュラス『苦悩』河出書房新社 1985
  • マルグリット・デュラス『青い眼、黒い髪』河出書房新社 1987
  • マルグリット・デュラス『愛と死、そして生活』河出書房新社 1987
  • マルグリット・デュラス『エミリー・L』河出書房新社 1988
  • マルグリット・デュラス『夏の雨』河出書房新社 1990
  • マルグリット・デュラス『ヤン・アンドレア・シュタイナー』河出書房新社 1992
  • ヤン・アンドレア『マルグリット・デュラス 閉ざされた扉』河出書房新社 1993
  • マルグリット・デュラス『エクリール 書くことの彼方へ』河出書房新社 1994
  • マルグリット・デュラス『娘と少年 愛する人に』朝日出版社 1994
  • マルグリット・デュラス『あつかましき人々』河出書房新社 1995
  • マルグリット・デュラス『これで、おしまい』河出書房新社 1996
  • アラン・ヴィルコンドレ『デュラス「愛の生涯」』河出書房新社 1998
  • ミシェル・マンソー『友人デュラス』河出書房新社 1999
  • マクサンス・フェルミーヌ『蜜蜂職人』角川書店 2002
  • マルグリット・デュラス『戦争ノート』河出書房新社 2008

脚注[編集]

  1. ^ 「文芸家協会ニュース」9月号