インディア・ソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インディア・ソング
India Song
監督 マルグリット・デュラス
脚本 マルグリット・デュラス
製作 ステファーヌ・チャルガディエフ
音楽 カルロス・ダレッシオ
撮影 ブリュノ・ニュイッテン
公開 フランスの旗 1975年6月4日
日本の旗 1985年10月5日
上映時間 120分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

インディア・ソング』(India Song)は、フランス作家マルグリット・デュラスが監督した1975年映画、1973年に出版した同名の著作『インディア・ソング』(『ラホールの副領事』の続編)の映画化で、舞台化もされた。原作はいちおう小説ということになっているが、副題として「テクストテアトルフィルム」という言葉が付記されており、小説とも戯曲ともレーゼドラマともレーゼシナリオとも呼べるような超ジャンル的なテクストであった。翻訳を手がけた田中倫郎によると「破壊しに、と彼女は言う」も同様の趣向のテクストであり、こちらの方もデュラス自身によって映画化された。

カンヌ国際映画祭に出品され、その斬新な作風に賛否が分かれたが、日本では同年参加した寺山修司などが「ドゥシャン・マカヴェイエフの『スウィート・ムービー』と共に、この映画祭中で最も重要な作品の一つ」と評価し熱狂的支持者を作った。

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

とあるアジアの地域にあるフランス大使館周辺のお話。大使夫人は男たちに女神のように囲まれている。そこに左遷されてきた元副領事の発砲騒ぎが起こる。

外部リンク[編集]