生駒等寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生駒 等寿(いこま とうじゅ、寛永3年(1626年) - 元禄15年5月8日1702年6月3日))は、江戸時代前期の絵師。名は勝政。別号に眠翁。

略伝[編集]

讃岐生駒氏の庶流生駒新三郎某の長男として生まれる。後に仕官を求めてに出て、寛文6年(1666年長州藩第三代藩主毛利綱広に新規に召し抱えられたという[1]。同年、綱広の姉竹子が鷹司房輔に嫁ぐ際に、彼女のお付きとして京都に派遣される。そこで新しい主となった房輔の愛顧を受けその画用を務めた。延宝7年(1679年)11月に竹子は亡くなるが、等寿は鷹司家に留め置かれており、房輔の信任の厚さが窺える。こうした背景から房輔関連の作品が幾つか知られており、例えば、房輔が自ら奉納した「三十六歌仙図」では、「雪舟末葉生駒等寿筆」の署名がある。元禄13年(1700年)1月に房輔が亡くなると、その翌年6月ようやく萩に帰郷し、その1年後に亡くなった。享年77。

現存作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 落款・印章 備考
三十六歌仙図(画像 板絵著色 36面 大井俣窪八幡神社 1694年(元禄7年5月) 山梨市指定文化財(美術工芸品)
松桜幔幕図屏風 紙本金地著色 六曲一双 醍醐寺霊宝館
菊花図簾屏風 紙本金地著色(表)・紙本著色(裏) 六曲一双 三の丸尚蔵館 款記「雪舟末葉生駒等壽筆」・「民翁」「勝政」印 皇室に当初から伝来した作品[2]
京名所春秋図屏風(修学院図屏風) 紙本著色及び金彩 六曲一隻 個人
柿本人麻呂 萩博物館
十六羅漢 禅林寺
涅槃図 絹本著色 1幅 瑞聖寺 港区指定文化財
涅槃図 広雲寺・萩市
出山釈迦図 功山寺(下関市)

脚注[編集]

  1. ^ 『萩藩譜録』
  2. ^ 宮内庁三の丸尚蔵館編集 『江戸の美意識─絵画意匠の伝統と展開 三の丸尚蔵館展覧会図録No.28』 2002年3月26日、pp.30-31。

参考資料[編集]

展覧会図録
  • 西川新次 有賀祥隆監修 総本山醍醐寺 日本経済新聞社編集 『祈りと美の継承 醍醐寺展 秀吉・醍醐の花見四〇〇年』 日本経済新聞社、1998年
  • 港区立郷土資料館編集 『港区指定文化財 : 港区文化財保護条例施行30周年記念誌』 港区教育委員会事務局、2008年
  • 中部日本放送株式会社編集・発行 『宮廷の雅 ─有栖川宮家から高松宮家へ─』 2011年