犬田卯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

犬田 卯(いぬた しげる、1891年明治24年)8月23日 - 1957年昭和32年)7月21日)は、日本小説家、農民運動家。

略歴[編集]

茨城県稲敷郡牛久村(現牛久市)城中の農家の長男に生まれる。高等小学校卒業後農業に従事していたが、25歳の時上京、1917年博文館に勤務、1924年中村星湖らと農民文芸研究会を作り、雑誌『農民』を刊行し、小説家として活動した。

親族[編集]

妻は小説家住井すゑ。次女は毎日新聞論説委員・増田れい子。孫は画家HATAOでその妻は絵本作家永田萠

著書[編集]

単著[編集]

  • 『土に生れて』平凡社、1926年12月。全国書誌番号:43036104
  • 『土にあえぐ』平凡社、1928年2月。全国書誌番号:47009117
  • 『土の芸術と土の生活 農民文芸論集』農民文学社、1929年6月。全国書誌番号:47009342
  • 『村に闘ふ』全国農民芸術聯盟出版部、1929年11月。全国書誌番号:46030309
  • 『農民文芸三講』全国農民芸術聯盟出版部、1930年。全国書誌番号:47016311
  • 『農村』平凡社、1934年12月。全国書誌番号:47015073
  • 『土にひそむ』不二屋書房、1935年11月。全国書誌番号:47009680
  • 『農民文学入門』大観堂書店、1939年5月。全国書誌番号:46070537
  • 『長篇小説 地方』平凡社、1939年9月。全国書誌番号:46064673
  • 『米』青梧堂、1940年12月。全国書誌番号:46054844
  • 『村の戦話』肇書房、1944年2月。全国書誌番号:46030310
  • 『日本農民文学史』小田切秀雄編、農山漁村文化協会、1958年10月。全国書誌番号:58013008
    • 『日本農民文学史』小田切秀雄編、農山漁村文化協会〈人間選書 4〉、1977年10月、増補版。全国書誌番号:77029010
  • 『犬田卯短編集』1、筑波書林〈ふるさと文庫〉、1982年2月。全国書誌番号:82041923
  • 『犬田卯短編集』2、筑波書林〈ふるさと文庫〉、1982年2月。全国書誌番号:82041924

共著[編集]

編集[編集]

翻訳[編集]

共訳[編集]

参考文献[編集]

  • 「日本人名大事典」
  • 「新潮日本人名事典」

外部リンク[編集]