特殊部隊UAG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特殊部隊UAG
ジャンル 縦スクロールシューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 セタ
発売元 タイトー
人数 1~2人協力プレイ
発売日 [AC]:1987年
テンプレートを表示

『特殊部隊UAG』(un attached grenadier)は1987年にリリースされたアーケードゲームジャンル武装したバイクを操作する縦スクロールシューティングゲームである。販売はタイトー、開発はセタ。海外名はTHUNDERCADE。海外ではサミーNESに移植しているが、日本国内では現在、どの機種にも移植されていない。

概要[編集]

自機のバイクを8方向ジョイスティックで操作して、2ボタン(機関砲ボム)で敵を倒す。ボムは2回連続で使うと効果が変化し、より強力な攻撃を行うことができる。バイクならではの特徴がいくつかあり、兵士を轢き殺すことができたり、攻撃の補助となるサイドカーを2個まで装備することができる。サイドカーは敵弾を防ぐとしても使えるが被弾すると破壊されてしまう。また、地上を走っているので移動は地形の干渉を受ける。 二人同時プレイ可能。兵士以外の敵キャラクターまたは敵の攻撃に接触するとミスとなり、残機が0の時にミスをするとゲームオーバー。 全4ステージで周回無し。後述するステージの特徴から、最終ステージより序盤のほうが難しいとする見方もあるが、当時としては比較的簡易なゲームに類すると言えた。後年、連射装置の実装などによりさらに難易度は低くなる。

ステージ構成[編集]

全4ステージ。

  • 市街地

市街地や港湾基地を進む。侵入不可能な地形、高所からの攻撃、ヘリ編隊による攻撃など、このゲームの要素が集約されており、序盤にしては難易度が高い。ボスは巨大戦車。

  • 砂漠

砂漠ステージ。ボスはティルトローター機。

  • ジャングル

ジャングルステージ。固有のボスは存在せず、ヘリ編隊ラッシュの後最終ステージに突入する。

  • 敵基地

最終破壊目標の原子力発電所があるステージ。ゲーム中唯一ヘリ編隊が出現しないステージであり、そのため比較的簡単なステージとなっている。

アイテム[編集]

  • サイドカー

自機の左右に1台ずつ装着可能。被弾すると破壊される。 チェーン砲、カノン砲、ガンランチャーの3種類があり、それぞれに攻撃方向が前方か横方向か、砲の数が一門か二門か、の違いがあり、計12種類となる。同種を取ることで4段階までパワーアップする。 オレンジ色のサイドカーは射程が無限になる。

  • ボム

ボムのストックが1個増える。

  • 1UP

プレイヤー残数が1機増える。

  • 7UP

スコアの777700点目がボムによる敵の破壊であった場合に出現。プレイヤー残数が7機増える。目標点数の直前にボ厶で敵をまとめて破壊し、777700点を超えるようにすれば容易に条件を満たせる。

隠しアイテム。1・3面ボスをサイドカーなし・ボム未使用(残機は失ってもok)で撃破するとオレンジ色の宝石様の物体が出現する(出現条件が「道中でサイドカー・ボムを全く使用せずステージクリア」ではないことに注意)。

これを取ることにより障害物を貫通する高威力のレーザーを発射できるようになるが、ミスをするとなくなってしまう。効果はサイドカーの攻撃にも適用される。

外部リンク[編集]