物部十千根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

物部 十千根(もののべ の とおちね[1]/とちね[2]、生没年不詳)は、『日本書紀』等に伝わる古代日本人物大連

日本書紀』では「物部十千根大連(もののべのとおちねのおおむらじ)」、他文献では「十市根命」「止智尼大連」「十千尼大連」とも表記される。『古事記』に記載はない。

物部連(物部氏)の遠祖である。垂仁天皇朝では五大夫の1人に数えられる。

系譜[編集]

新撰姓氏録』和泉国神別 若桜部造条・安幕首条によれば、饒速日命(物部氏祖神)七世孫とされる[1]

先代旧事本紀』「天孫本紀」では、饒速日命六世孫の伊香色雄命に続く七世孫として、十市根命(十千根)の名が記載されている。同書によれば、十市根命は物部武諸隅連公の娘の時姫を妻として、物部胆咋宿禰・物部止志奈連公・物部片堅石連公・物部印岐美連公・物部金弓連公ら5男を儲けたという。

記録[編集]

日本書紀垂仁天皇25年2月8日条では、武渟川別阿倍臣祖)・彦国葺和珥臣祖)・大鹿島(中臣連祖)・武日大伴連祖)らとともに「大夫(まえつきみ)」の1人に数えられており、天皇から神祇祭祀のことを命じられている[1]

同書垂仁天皇26年8月3日条では、天皇の勅で出雲に出向き、出雲の神宝の検校を行なっている[1]。また垂仁天皇87年2月5日条では、垂仁天皇皇子五十瓊敷命が妹の大中姫命石上神宮奈良県天理市)の神宝の管掌を頼んだが、大中姫命は辞し十千根に治めさせたという(物部連による石上神宮の神宝管掌の起源譚)[1][2]

そのほか『先代旧事本紀』「天皇本紀」によると、垂仁天皇81年2月1日に五大夫の1人の十市根命に対して「物部連公」の賜姓があり、さらに大連に任じられたという。

後裔氏族[編集]

新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている[2]

  • 和泉国神別 天神 若桜部造 - 饒速日命七世孫の止智尼大連の後。
  • 和泉国神別 天神 安幕首 - 饒速日命七世孫の十千尼大連の後。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 吉村武彦「物部十千根」『国史大辞典吉川弘文館
  • 「十千根」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 9784642014588

関連項目[編集]