牧野雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧野 雅彦(まきの まさひこ、1955年11月27日[1]- )は、日本政治学者広島大学大学院社会科学研究科教授、博士(法学)。専門は、政治思想史。

神奈川県生まれ。神奈川県立横須賀高等学校、1979年京都大学法学部卒業後、1981年名古屋大学大学院法学研究科修士課程修了、1984年同博士課程単位取得満期退学。同年名古屋大学法学部助手、1988年講師、1993年助教授、同年広島大学法学部助教授、1995年教授。2001年広島大学大学院社会科学研究科教授(大学院部局化に伴う配置換え)。1993年「ウェーバーの政治理論」で名古屋大学博士(法学)

著書[編集]

単著[編集]

訳書[編集]

  • ヴォルフガング・J・モムゼン『マックス・ヴェーバーとドイツ政治 1890-1920』(未來社, 1993年-1994年)

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[編集]

牧野 雅彦(大学院社会科学研究科) 広島大学研究者総覧