牟宗三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牟宗三
プロフィール
出生: 1909年6月12日
死去: 1995年4月12日
出身地: 清の旗 山東省棲霞市
職業: 思想家・哲学者
各種表記
繁体字 牟宗三
簡体字 牟宗三
拼音 Móu Zōngsān
和名表記: ぼう そうさん
発音転記: モウ ゾンサン
テンプレートを表示

牟宗三(ぼうそうさん)は中国の思想家・哲学者。

熊十力の影響を受け、唐君毅とともに、新儒家(現代新儒家)の代表的哲学者として活躍し、中国語圏の思想界に巨大な影響力を与えた。

生涯[編集]

1909年(宣統元年)夏暦4月25日に山東省に生まれる。

1932年、熊十力と出会い、以後師事する。翌年北京大学卒業。1934年、長男誕生、国家社会党に入党。翌年、後に『周易的自然哲學與道德涵義』と改題される処女作を出版。

1937年、抗日戦争激化。馮友蘭ら当時の中国の知識人に対して、強烈な反発を感じる。戦火を逃れ、雲南へと逃れながら、1941年、論理学の研究書を出版。1942-45年、華西大学成都)で教鞭をとる。さらに、1946-47年には、南京の中央大学、金陵大学、江南大学、杭州浙江大学などで教鞭をとる。

1949年、大陸での共産党政権樹立に応じて、台湾へと逃れる。『認識心之批判』脱稿。翌年、『道德的理想主義』初版出版。台湾師範学院(国立台湾師範大学)教授。1955年、『歴史哲學』出版。東海大学を経て香港大学へ移転し、以後香港を活動の拠点として、主著となる大部な研究書を続々と世に送り出す。

1963年『中國哲學的特質』『才性與玄理』出版。1968年『心體與性體』出版。1969年以降、香港中文大学へと移る。1971年『智的直覺與中國哲學』出版。1975年『現象與物自身』出版。1977年『佛性與般若』出版。

香港新亜研究所を中心とし、香港と台湾を往復する生活を送る。1995年4月12日台北にて死去。

思想[編集]

思想的立場としては、あくまでも儒学を主とし、新儒家を代表している。だが、儒学だけでなく中国の伝統思想全般にわたって体系的な再構成を行っており、また特にカント哲学を中心とする西洋哲学との比較と統合を最大の特徴としている。

儒学では特に孟子を重視し、儒学史全体を再構成しようとした。王陽明などに対する評価が高い一方で、程頤および朱熹の系統は儒学本来の趣旨から外れているとした。この学説は、中国思想研究者のなかでもさまざまな物議をかもしており、大きな影響を与えている。

老荘思想仏教に関する著作も影響が大きいが、特に仏教に関しては、師である熊十力よりも、むしろ印順などの近代的な仏教研究を受け継ぎ、独自の体系を打ち立てた。 教相判釈の問題に関しては、華厳宗ではなく天台宗の円教を最高のものとした点に、その特徴が見られる。

西洋哲学では、初期は論理実証主義の立場をとっており、論理学の専門家として活躍した。中期以降には、カント哲学の解釈に関して、大きな転回を見せた。そして、独自の哲学体系を打ち立てようとした。

カント哲学の精密な解釈の上に、中国思想の立場からのその超克の道を模索した代表的な仕事として、特徴ある訳語と注釈をもつ三批判書のきわめて直訳的な中国語訳とともに、独自の哲学的立場を示した主著『現象と物自体』がある。

著作[編集]

  • 《周易的自然哲學與道德涵義》
  • 《認識心之批判》
  • 《理則學》
  • 《道德的理想主義》
  • 《歴史哲學》
  • 《名家與荀子》
  • 《生命的學問》
  • 《五十自述》
  • 《才性與玄理》
  • 《心體與性體》
  • 《智的直覺與中國哲學》
  • 《現象與物自身》
  • 《佛性與般若》
  • 《時代與感受》
  • 《從陸象山到劉蕺山》
  • 《圓善論》

講演録

  • 《中國哲學的特質》
  • 《中國哲學十九講》
  • 《中西哲學之會通十四講》
  • 《四因説演講録》

訳著

日本語での参考文献[編集]

  • 倪梁康「牟宗三と現象学」石井剛訳『現代思想』第29/第17、243-256(2001年)
  • 戸田哲也「牟宗三 : 宋明理学の三系統説について」『アジア文化学科年報』4号、97-106(追手門学院大学文学部アジア文化学会、2001年)
  • 朝倉友海「牟宗三における「生命の学問」」『死生学研究』8号、165-191(東京大学大学院人文社会系研究科、2006年)
  • 中島隆博「新儒家と仏教――梁漱溟、熊十力、牟宗三」『思想』No.1001(岩波書店、2007年)
  • 林永強「生命の学問としての哲学――西田幾多郎と牟宗三」『理想』681号、174-180(2008年)
  • 朝倉友海「後期牟宗三における仏教的転回と京都学派」『死生学研究』11号、147-172(東京大学大学院人文社会系研究科、2009年)
  • 朝倉友海「西田哲学と牟宗三の仏教的存在論」藤田正勝(編)『『善の研究』の百年: 世界へ/世界から』、272-292(京都大学出版会、2011年)
  • 朝倉友海『「東アジアに哲学はない」のか――京都学派と新儒家』(岩波書店、2014年)

外部リンク[編集]