印順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
印順
プロフィール
出生: 1906年3月12日
死去: 2005年6月4日
出身地: 浙江省海寧県
職業: 僧侶・仏教学者
各種表記
繁体字 印順
簡体字 印顺
拼音 Yìnshùn
注音符号 |ㄣˋ ㄕㄨㄣˋ
和名表記: いんじゅん
発音転記: インシュン
テンプレートを表示

印順(いんじゅん、1906年 - 2005年)は中華民国の僧侶・仏教学者。俗名は張鹿芹。農家に生まれ、小学校の教員となるが、1929年、父の死後、出家して法名を印順と称した。

太虚が主導する福建省廈門南普陀寺にある閩南仏学院で修道し、後には教鞭を執るまでになった。

1943年湖北省武漢武昌仏学院の教授となる。日本軍の攻撃が激化したことで、四川省重慶漢蔵教理院に移る。ここで、やはり太虚の弟子でチベット留学経験のある法尊と交流を持つ。

その後、四川省の法王仏学院の院長などを歴任し、戦禍を避けて香港を経て台湾へと移った。台湾では、台北慧日講堂を活動拠点とし、布教活動や講演活動を行い、また、師の太虚の全集の編纂などを行なった。

1971年大正大学にて『中国禅宗史』と題した論文博士号を獲得した。

2005年に花蓮慈済医院で遷化。

弟子に慈済基金会創設者の釈証厳がいる。