片木篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片木篤(かたき あつし、1954年5月12日- )は、日本の建築史学者、名古屋大学教授。

略歴[編集]

大阪府生まれ[1]。1977年東京大学工学部建築学科卒、87年同大学院博士課程修了、「エドウィン・ラッチェンス研究 住宅における軸構成の分析」で工学博士プリンストン大学建築学修士課程修了。京都精華大学助教授、名古屋大学工学部助教授をへて、環境学研究科教授[2]。英国建築史が専門。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • マンフレッド・タフーリ, フランチェスコ・ダル・コ 『図説世界建築史 第15-16巻 近代建築』本の友社 2002-03
  • バリー・シェルトン『日本の都市から学ぶこと 西洋から見た日本の都市デザイン』鹿島出版会 2014

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『オリンピック・シティ東京』著者紹介
  2. ^ researchmap

外部リンク[編集]