片岡美智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

片岡 美智(かたおか みち、1907年1月6日 - 2012年10月30日)は、日本フランス文学者京都外国語大学名誉教授

経歴[編集]

福井県生まれ。法政大学仏文科卒、1939年 - 1952年フランスに留学、1950年日本女性として初めてフランスで文学博士号取得、1955年南山大学教授、のち京都外国語大学教授を務め、定年後名誉教授。夫は片岡がその著作を邦訳しているロジェ・ヴァン・エック2010年から日本最高齢の文学研究者であったが、2012年10月30日満105歳にて死去。

谷崎潤一郎の『細雪』の仏訳者に決まったこともあったが、実現しなかった(『中央公論社の80年』)。

著書[編集]

  • 人間 この複雑なもの 文藝春秋新社 1955
  • 私もまた? 悩める妻へ 大日本雄弁会講談社 1956 (ミリオン・ブックス)
  • スタンダールの人間像 白水社 1957
  • シモーヌ・ヴェイユ 真理への献身 講談社 1972

翻訳[編集]