片山雅史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片山 雅史(かたやま まさひと)は、日本画家現代美術家九州大学大学院芸術工学研究院准教授

東京都に生まれ、京都府で育つ。1982年、京都市立芸術大学美術学部卒業。1984年、京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。1988年アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成により米国ニューヨークに滞在。1995年、文化庁派遣芸術家在外研修員として英国ロンドンに滞在、ロンドン大学ゴールドスミス校に在籍。京都市立芸術大学在学中より活動を始める。

活動初期には、「風のなる日のために」「風の系譜」と題された黒い筆致によるモノクロームの抽象絵画を展開。その後、1990年中頃より金地にシルエットの植物が描かれたHANAシリーズを、1990年代後半より視覚と記憶との関係に関心を持って制作された「皮膜」シリーズを発表。2010年より螺旋など主とした墨線の集積による絵画作品を発表。近年は[いつ?]絵画作品発表の他、アートを生かした地域活性のプロジェクト、ワークショップなども行う。一部作品は原美術館福岡市美術館などに収蔵されている。

主な展覧会[編集]

参考文献[編集]

  • 山本香瑞子編 片山雅史「皮膜2004/知覚の森へ」 福岡市美術館出版 2004年
  • 片山雅史著 絵画作品「皮膜」について 芸術工学研究1 45-56 九州大学芸術工学研究編集委員会 2004年
  • 中井康之著「見ることを考えさせる絵画」 美術手帖5月号 171-174, 美術出版社 2007年

外部リンク[編集]