片山孤村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片山 孤村
人物情報
生誕 片山 正雄
1879年8月29日
日本の旗 日本 山口県佐波郡八坂村(現・山口市
死没 (1933-12-18) 1933年12月18日(54歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文科大学卒業
学問
研究分野 ドイツ文学
評論
研究機関 第七高等学校造士館
第三高等学校
京都帝国大学
九州帝国大学
主要な作品 『神経質の文学』(1905年)
『男女と天才』の翻訳(1907年)
『独逸文法辞典』(1916年)他
影響を
受けた人物
登張竹風
影響を
与えた人物
東郷茂徳
テンプレートを表示

片山 孤村(かたやま こそん、1879年8月29日 - 1933年12月18日)は、明治から昭和前期にかけてのドイツ文学者評論家山口県佐波郡八坂村(現在の山口市)出身。本名は正雄(まさお)。

経歴[編集]

山口高等学校にて登張竹風の影響を受けてドイツ文学を志し、1902年東京帝国大学文科大学独文科を卒業、第七高等学校造士館教授などを務める。1905年に「神経質の文学」を発表して評論家として注目を集め、1907年にはオットー・ワイニンゲルの『男女と天才』の翻訳、1908年に『最近獨逸文学の研究』を著してドイツ文学の紹介にも努めた。1909年から1913年にかけてドイツに留学し、帰国後はドイツ語辞書の編纂に専念する。1916年に『獨逸文法辞典』、1927年に『雙解獨和大辞典』、1929年に『雙解獨和小辞典』を刊行し、ドイツ語研究の第一人者となった。また、1921年には第三高等学校教授兼京都帝国大学文学部講師、1926年には九州帝国大学文学部教授となった。

子はやはりドイツ語学者で立教大学教授だった片山泰雄(1910-89)。

なお、青年時代の東郷茂徳が片山に師事していたことでも知られている。

編著書[編集]

  • 『最近独逸文学の研究』博文館 1909
  • 『伯林 都会文明及画図』博文館 1913
  • 『独逸及独逸人』(時事叢書 冨山房 1914
  • 『独逸文法辞典』編. 有朋堂 1916
  • 『現代の独逸文化及文芸』文献書院 1922
  • 『現代独逸文学観』文献書院 1924
  • 『双解独和大辞典』南江堂書店 1927
  • 『双解独和小辞典』編. 南江堂 1929
  • 『袖珍獨和辭典 改訂』監修, 南江堂編輯部編纂. 南江堂 1935
  • 片山正雄遺文』九州帝国大学独逸文学会編 南江堂 1943

翻訳[編集]

参考文献[編集]