潮騒のメロディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

潮騒のメロディー」(しおさいのメロディー)は、カナダのピアニスト、フランク・ミルズによる自作のピアノ曲「愛のオルゴール」に、斉藤仁子が日本語詞を加えた楽曲である。

1979年5月にさこみちよのシングルが、同年9月高田みづえのシングルが発売された。

「潮騒のメロディー」のタイトルは、大沢悠里によって付けられた。

高田みづえのシングル[編集]

潮騒のメロディー
高田みづえシングル
B面 子守唄を聞かせて
リリース
ジャンル アイドル歌謡
レーベル テイチク
作詞・作曲 斉藤仁子(作詞)
F. ミルズ(作曲)
チャート最高順位
高田みづえ シングル 年表
青春Ⅱ(セカンド)
(1979年)
潮騒のメロディー
(1979年)
どうして私を愛したのですか
(1980年)
テンプレートを表示

高田みづえの「潮騒のメロディー」は、1979年9月25日にテイチクレコード(現・テイチクエンタテインメント)から、10枚目のシングルとして発売された。

解説[編集]

  • 当初は「子守唄を聞かせて」がA面だったが、のちに「潮騒のメロディー」と差し替えられた(レコード・ジャケット写真は変更されず)。
  • シングルA面では、高田自身初めてとなるメジャー調の楽曲である。
  • オリコンチャートでは最高25位だったが、100位以内には通算35週間もランクインするロング・ヒットとなった。この登場回数35回は、高田にとっての最高記録である。
  • TBSテレビザ・ベストテン』では1978年3月の「花しぐれ」以来、「今週のスポットライト」のコーナーへ2年ぶりに出演(1980年2月21日)、高知市桂浜より生中継で歌唱披露した。

収録曲[編集]

  1. 潮騒のメロディー
    (作詞:斉藤仁子 作曲:F. ミルズ 編曲:田辺信一
  2. 子守唄を聞かせて
    (作詞・作曲:谷山浩子 編曲:馬飼野俊一

脚注[編集]