溝上泰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

溝上 泰子(みぞうえ やすこ、1903年11月11日 - 1990年10月11日)は、教育者。人類生活者。

広島県出身。京都女子大学助教授を経て、昭和26年、島根大学教育学部教授。 昭和33年「日本の底辺―山陰農村婦人の生活」を刊行し、「底辺」の生活に光をあてる。退官後は、全国の小学6年生に「生きる・生活する」と題する授業をつづけた。

著書[編集]

  • 『日本の底辺-山陰農村婦人の生活-』 未来社 1958
  • 『受難島の人々-日本の縮図・沖縄-』 未来社 1959